スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

玄人志向 PCIEX1-PCI を買ってみました。

以前の記事で少し話題に出た、玄人志向のPCIスロットをPCI Express(以下、PCIE)x1スロットに変換するブリッジカード「PCIEX1-PCI 」を買ってみました。


玄人志向のキワモノシリーズなのでうまく動いてくれるか分かりませんが、最近はレガシーデバイスになってきて使用頻度が減ったPCIスロットを有効活用できる可能性があります。

まあ本来の用途は、PCIEスロットが1つも搭載されていない古いマザーボードでPCIEx1カードを利用できるようにするためのものと思いますけどね。データ転送速度もPCIバスの仕様に制限されてしまうため、133MB/s(33MHzの場合)まで落ちてしまいますし。



玄人志向 PCIEX1-PCI
玄人志向 PCIEX1-PCI







製品開封

という訳で、開封。


玄人志向 PCIEX1-PCI パッケージ(表)
玄人志向 PCIEX1-PCI パッケージ(表)




玄人志向 PCIEX1-PCI パッケージ(上)
玄人志向 PCIEX1-PCI パッケージ(左)玄人志向 PCIEX1-PCI パッケージ(表)玄人志向 PCIEX1-PCI パッケージ(右)玄人志向 PCIEX1-PCI パッケージ(裏)
玄人志向 PCIEX1-PCI パッケージ(下)
玄人志向 PCIEX1-PCI パッケージ(展開)


パッケージの表面には「キワモノ」と印刷されていますが、裏面を見ると「STANDARD」シリーズの製品のようで、保証期間も1年間あるようです。

下記リンクの玄人志向PCIEX1-PCI製品ページにも保証期間1年と書かれてますね。
PCIEX1-PCI製品ページ(玄人志向公式)PCIEX1-PCI製品ページ(玄人志向公式)


まあ、やっていることがやっていることなので(笑)、キワモノには間違いありません。現在だったら、PCIEx1スロットをPCIスロットに変換するブリッジカードの方がまだ需要ありそう。PCIスロットレスのマザーボードも出てきましたしね。どちらにしろニッチな市場向け製品です。






玄人志向 PCIEX1-PCI パッケージ(裏面拡大)
玄人志向 PCIEX1-PCI パッケージ(裏面拡大)







玄人志向 PCIEX1-PCI 付属品一覧
付属品一覧

付属品一覧です。左から「基盤本体」、「交換用PCIブラケット(標準サイズ)」、「簡易インストールマニュアル」です。






玄人志向 PCIEX1-PCI 簡易インストールマニュアル
簡易インストールマニュアル


簡易インストールマニュアルの拡大写真。裏面は何も印刷されていません。以下、適当な和訳(汗)。



PCI-to-PCIe ブリッジカード
  1. 特徴
    • 片方向 32bit、33MHz のPCIバスをサポート。
    • 2.5Gbps 1レーン(1バーチャルチャネル) PCI Expressスロットを1つ搭載。
    • PCI Express Ver1.0 準拠
    • PCI Ver2.3 準拠
    • PCI Ver3.0 準拠
    • PCI Expressスロット 3.3V/1A, 12V/500mA の電源供給をサポート。


  2. システム要件
    • PCIスロットを1つ搭載したPC。
    • Windows2000 または、それ以降のOSをサポート。


  3. インストール方法

    アダプターを取り付けるための一般的な手順は以下のとおりです。

    1. 接続するPCI Expressカードを、このブリッジカードの上部にある白いPCI Expressコネクタのスロットに差し込みます(PCIEコネクタが白いバージョンもあった?)。

      ※PCIEX1-PCI基盤左側に付いているPCIブラケット下半分だけのような金具は、ロープロファイルサイズのPCIEx1カードを使用する場合に、ロープロファイルのPCIブラケット下部をマニュアルの写真のように、PCIEx1スロットと同時に上から挿しこんで固定・使用するためのものです。

      ※標準サイズのPCIEx1カードを使用する場合は、PCIEx1カードに最初から付いているブラケットを外し、基盤のみの状態にして、PCIEX1-PCIのPCIEx1スロットに接続します。また、ブラケットは付属の標準サイズのものに交換します。

    2. マザーボードのPCIスロットにカードを取り付けます。

    3. 上記の手順でインストール確認をして、OSが起動できるようになります。

    注意: カードを使用するためのドライバは必要ありません。PCI Expressインタフェース間のブリッジアダプタとしてのみ機能するためです。







玄人志向 PCIEX1-PCI(表)
玄人志向 PCIEX1-PCI(表)


PCIEX1-PCIの表側の様子です。

目につくのは電源関連の半導体部品と、水晶発振子くらいでしょうか。



仕様
  • 型番: PCIEX1-PCI
  • JAN: 4988755236973
  • 対応機種: PCIスロット搭載PC
  • 仕様: LowProfile対応PCI Express x1ボード → PCI
  • チップセット: Pericom社製 PI7C9Xチップ搭載
  • サポート: RoHS:◯, PSE:対象外, 電波法:対象外
  • 本体寸法: 40x133x9mm
  • パッケージ寸法: 130x180x35mm
  • 重量: 110g
  • 付属品: マニュアル, ブラケット
  • 対応OS: Windows XP, Vista, 7, 8, 10
  • 保証期間: 1年
  • 備考:
    ※ボードのスループットはPCIバスの帯域(約1Gbps)に制限されます。
    ※LowProfile対応PCI Express x1ボードを取り付けた場合、LowProfileブラケットの仕様により、ネジの位置が逆になります。
    ※デザイン・仕様等は予告なく変更される場合があります。

※玄人志向PCIEX1-PCI製品ページより引用させて頂きました。




インターネットでこの製品について色々と調べていたときに、「玄人志向 PCIEX1-PCI」は、StarTech.com社の「PCI to PCI Express Adapter Card (PCI1PEX1)」のOEM品ではないか?という情報を見つけたので、StarTech.com社のWebサイトのプロダクツを眺めていたらそれらしい製品がありました。
PCI to PCI Express Adapter Card(StarTech.com公式)PCI to PCI Express Adapter Card(StarTech.com公式)





StarTech.com PCI to PCI Express Adapter Card(PCI1PEX1)
StarTech.com PCI to PCI Express Adapter Card(PCI1PEX1)


「PCI to PCI Express Adapter Card (PCI1PEX1)」のマニュアルに掲載されている写真です。上で掲載した「玄人志向 PCIEX1-PCI」の簡易インストールマニュアルの写真は白黒ですが同じもののように見えます。
PCI to PCI Express Adapter Card マニュアル(PCI1PEX1.pdf)PCI to PCI Express Adapter Card マニュアル(PCI1PEX1.pdf)

上の写真に写っているPCI1PEX1は赤基盤の個体ですが、上リンクのマニュアル(PDF)をご覧になると緑基盤の個体もあることが分かります。


データシートもありましたのでリンクを掲載しておきます。
PCI to PCI Express Adapter Card データシート(PCI1PEX1_Datasheet.pdf)PCI to PCI Express Adapter Card データシート(PCI1PEX1_Datasheet.pdf)

データシートによると、PCI-PCIEブリッジチップは「Pericom PI7C9X111SL」のようです。






玄人志向 PCIEX1-PCI(裏)
玄人志向 PCIEX1-PCI(裏)


PCIEX1-PCIの裏面の様子です。

左側にPCI-PCIEブリッジチップである、Pericom PI7C9Xチップが見えます。チップの拡大写真は下で掲載しています。


PI7C9Xチップといえば、こちらの記事で色々と楽しませてもらった(汗)「PM-PCIE1T3」という製品のPCIEスイッチチップもPI7C9X系でした。この製品もうまく動いてくれなそう(汗々)。






ブラケット取り付けネジ穴
ブラケット取り付けネジ穴


ブラケット取り付けネジ穴を拡大した様子です。

ご覧のようにゆきだるま(?)のような形になっており、ブラケットの種類、マザーボードのPCIスロットの高さ、PCケースのブラケット固定ネジ穴位置によって微調整ができるようです。






標準ブラケット取り付け
付属の標準ブラケット取り付けた様子


私の場合、PCIEx1カードを直接取り付けるのではなく、マイニング用のライザーカードを接続する予定なので、ブラケットを付属のPCI標準サイズのものに交換しました。

環境により変わるかもしれませんが、私の環境では上段のネジ穴があっているようです。





PCI-PCIEブリッジチップ拡大
PCI-PCIEブリッジチップ拡大


PCI-PCIEブリッジチップを拡大撮影してみました。ちょっとピンボケしていますがご容赦ください。


チップ表面には以下の印刷がされていました。
------------------------
PI7C9X
111SLBFDE
1708GT
------------------------

やはり、「Pericom PI7C9X111SL」であっているようですね。
PI7C9X111SLBFDE製品ページ(販売代理店マウザーエレクトロニクスWebサイト)PI7C9X111SLBFDE製品ページ(販売代理店マウザーエレクトロニクスWebサイト)
PI7C9X111SLBFDEデータシート(販売代理店マウザーエレクトロニクスWebサイト)PI7C9X111SLBFDEデータシート(販売代理店マウザーエレクトロニクスWebサイト)

※Pericom Semiconductorは現在、Diodes Incorporatedの一部門となっているようです。





動作確認

「ASUS F1A75-V PRO」というマザーボードを使用して動作確認行いました。マザーボードの詳細についてはこちらの記事を参照ください。


ASUS F1A75-V PRO
ASUS F1A75-V PRO


最初に結論から言ってしまいますと、残念ながらこのマザーボードでは動いてくれませんでした(汗)。

このマザーボードには写真のようにPCIスロットが3つ付いているのですが、すべてのPCIスロットに接続して動作確認をしてみましたが、以下のようなエラーが出てしまいました。


デバイスマネージャーの様子
デバイスマネージャーの様子


デバイスマネージャーでは「PCI-to-PCI ブリッジ」と正しく認識しているのですが、"!"マークが付いてしまっており、動作していません。





PCI-to-PCI ブリッジのプロパティ
PCI-to-PCI ブリッジのプロパティ


プロパティを見てみると、デバイスの状態に「このデバイスを開始できません。(コード10)」と表示されています。

デバイス認識は成功して、対応するドライバをインストールしたが、何らかの原因で動作開始ができなかったといったところでしょうか?。




ところで、記事の最初の方でも触れましたが、この製品はPCIEスロットが搭載されていない古いマザーボード向けなのでは?と思い、「ASUS F1A75-V PRO」よりも古いマザーボード「BIOSTAR TA790GX128M」にも試しに接続してみました。


BIOSTAR TA790GX128M
BIOSTAR TA790GX128M


「BIOSTAR TA790GX128M」はメインPCのマザーボードなのですが、別件でメインPCのケースを開ける機会があったので、ついでに取り付けてみました。

ちょっと分かりづらいですが、橙色の矢印のところに取り付けられています。






BIOSTAR TA790GX128M での認識状況
BIOSTAR TA790GX128M での認識状況


確認したところ、ご覧のように正しく認識しているようです。

「BIOSTAR TA790GX128M」はSocketAM2+のAMD Phenom用マザーボードで、メモリもDDR2とかなり古いですが、さすがにPCIEスロットは付いています。

BIOSがUEFI BIOS(ASUS F1A75-V PROはUEFI BIOS)になる前なのでそれが幸いしたのか、チップセットの相性の問題なのかわかりませんが、こちらは動くようです。

しかし、メインPCを実験台にしてしまうと、最悪起動しなくなってしまったときに何もできなくなってしまいますので、今回はPCIEx1カードを接続した動作確認は行いませんでした。



今後、別のSocketAM2+マザーボードで動作確認を本格的に行う予定です。




にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 自作PC・改造(他)
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン パソコン自作 PCI-PCIEブリッジ 玄人志向 PCIEX1-PCI Pericom PI7C9X111SL

広告
Google検索
プロフィール

meridianstar

Author:meridianstar
元システムエンジニアの成れの果ての姿。
詳しいプロフィール:はじめに

contact
※ブログ内容にそぐわない質問の場合、お答えできないことがあります。ご了承ください。

Twitter:meridian15
ニコニコ動画:ヤサコ
pixiv:ヤサコ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事一覧
最新記事
カウンター
注目しているもの
リンク(企業)
リンク(お友達)
  • Bond's Lab
    音楽とオーディオとDIYをこよなく愛する ボンド君 氏 の趣味サイト。

  • 試行錯誤
    試行錯誤 氏 のプログラミングお勉強ブログ。

このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
参考書籍
にほんブログ村
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。