ハードウェア構成を変更して Windows10 ライセンス認証

ちまたでは「Windows10 Creators Update」(バージョン1703)の話題で持ちきりですが、この記事は、以前「Windows10 Anniversary Update」(バージョン1607)で追加された機能のお話(笑)。




こちらの記事でも少し触れていますが、リリース当初の Windows10 はパソコン1台に1ライセンスが徹底されており、パソコンのハードウェア構成を変更すると別のパソコンで Windows10 が使用されていると判断され、ライセンス失効してしまいました。これは、ハードウェア構成を頻繁に変更する自作パソコン派には致命的な仕様でした。


しかし、「Windows10 Anniversary Update」で追加された機能により、Microsoftアカウントとプロダクトキー(とハードウェア構成)を関連付けしたライセンス認証を行った場合のみ、ハードウェア構成を変更しても、変更後の環境でライセンス認証しなおすことができるようになりました。

(※当然ながら、変更前の環境のライセンスは失効します。なので、変更後の環境にライセンスを移動するといった方が正しいのかもしれません。)


以前は、ビデオカードを交換しただけなのでライセンス失効には至らなかったのですが、今回、CPU、マザーボードが異なる環境に Windows10 を新規インストールしたところ、この操作を行う必要があったので、備忘録として残しておきます。



参考外部リンク



  • ハードウェア構成変更前の準備作業

    ハードウェア構成を変更した環境で再認証するまえに、先ずやっておくべきことがあります。これを怠ると最悪サポートセンターにお世話になることがあるので注意!。それは・・・、


    ハードウェア構成変更前の環境で、Microsoftアカウントとプロダクトキーを関連付けしたライセンス認証を済ませておくこと



    ・・・です。

    (※既にMicrosoftアカウントとプロダクトキーを関連付けしたライセンス認証がされている場合、この作業は不要です。)


    当たり前のことなのですが、Windows10 をローカルアカウントのみで使用しているケースもあるかと思います。その場合、Microsoftアカウントが使われていないため、当然ながら、Microsoftアカウントとプロダクトキーを関連付けしたライセンス認証もされていません(プロダクトキーとハードウェア構成を関連付けしたライセンス認証になっている)。


    このままの状態でハードウェア構成を変更してしまうと、ライセンスの移動元である変更前の環境が特定できないため、変更後の環境でライセンス認証をすることができなくなってしまいます。

    実は、私はこれをやらかしてしまった訳なのですが(汗)、幸いハードウェア構成を変更する前の環境がそのまま残っていたので事なきを得ました。

    しかし、自作パソコン派というか私が良くやる、筐体は元の環境のものを流用してマザーボードやCPUを入れ替えるような場合、元の環境を壊してしまうため、いちいち環境を元に戻してライセンス認証をする必要があります。

    元の環境で使用していたパーツが残っている場合はまだ(めんどくさいけど)組み立てれば良いのですが、処分してしまった場合、大変なことになってしまいます。





    以下、Microsoftアカウントとプロダクトキーを関連付けしたライセンス認証をする手順です。基本的には、Microsoftアカウントで Windows10 にログインするだけです。



    ローカルアカウントでログインしている状態
    ローカルアカウントでログインしている状態


    ローカルアカウントでログインしている状態の 「設定 -> アカウント -> ユーザーの情報」 の様子です。

    「Microsoft アカウントでのサインインに切り替える」をクリックします。





    Microsoftアカウント セットアップ
    Microsoftアカウント セットアップ


    Windows10 にログインするための「Microsoftアカウント名」、「パスワード」を入力します。Microsoftアカウントを持っていない場合は、「作成しましょう!」をクリックして作成します。

    ちなみに、私は10年くらい前(?)の MSN Hotmail 時代に作ったアカウント(@hotmail.co.jp)を使用していますが、問題なく使えています。





    Microsoftアカウントでログイン後の様子
    Microsoftアカウントでログイン後の様子


    ローカルアカウントからMicrosoftアカウントにユーザーを切り替えた後の「設定 -> 更新とセキュリティ -> ライセンス認証」の様子です。

    Microsoftアカウントとプロダクトキーを関連付けしたライセンス認証に切り替わっていれば、「ライセンス認証 Windows は、Microsoft アカウントにリンクされたデジタル ライセンスによってライセンス認証されています」に表示が変わります。



    以上で、ハードウェア構成変更前の準備作業は終わりです。





  • ハードウェア構成変更後の作業

    ここからは、ハードウェア構成変更後の作業です。


    ハードウェア構成変更前にログイン・ライセンス認証したMicrosoftアカウントを使用して、変更後の環境にログインします(とりあえずローカルアカウントでログインしている場合は、変更前と同様の手順でMicrosoftアカウントに切り替える)。

    Windows10 を新規インストールする場合では、インストール時のアカウント設定でMicrosoftアカウントを使用するように設定してしまうのが楽で良いでしょう。



    Windows10 インストール直後(ハードウェア構成変更)
    Windows10 インストール直後(ハードウェア構成変更)


    ハードウェア構成を変更して、Windows10 インストールした直後の様子です。デスクトップの右下にご覧のような、ライセンス認証が行われていないことを示すメッセージが表示されています。





    設定画面
    設定画面


    設定画面の様子。画面下部にもライセンス認証が行われていないことを示すメッセージが表示されています。ここをクリックするか、「設定 -> 更新とセキュリティ -> ライセンス認証」に移動します。


    なお、インストールした Windows10 が「Windows10 Anniversary Update」(バージョン1607)以前の場合、「設定 -> 更新とセキュリティ -> Windows Update」から、最低でも「Windows10 Anniversary Update」までアップデートします。

    ライセンス認証がされていない状態でも Windows Update は動作しますので、アップデート可能です。「Windows10 Creators Update」(バージョン1703)までアップデートしても問題ありません。

    今回のライセンス認証では、「Windows10 Creators Update」にアップデートしてから作業を行っています。しかし、環境によってはインストールに失敗するケースもあるようです。その場合は、「Windows10 Anniversary Update」の状態に戻されるので、安定したバージョンがリリースされるまで様子を見ます。

    かく言う私も、メインで使っているパソコンではインストールに失敗しました(汗)。成功したのはサブパソコンの方なのですが、Windows10 を新規でクリーンインストールした直後だったのが良かったようです。





    「設定 -> 更新とセキュリティ -> ライセンス認証」
    「設定 -> 更新とセキュリティ -> ライセンス認証」


    ライセンス認証画面の様子。ライセンス認証ができないため、エラーメッセージが表示されています。


    このプロダクト キーが別のデバイスで既に使用されているため、このデバイスの Windows をライセンス認証できません。別のデバイスで使用されていないと考えられる場合は、下の[トラブルシューティング]を選択してください。エラー コード: 0xC004C008


    エラーメッセージに従い、「トラブルシューティング」をクリックします。





    トラブルシューティングが完了しました
    トラブルシューティングが完了しました


    「トラブルシューティングが完了しました」と表示されていますが、ライセンス認証はされていないので、「このデバイス上のハードウェアを最近変更しました」をクリックします。





    Windows 10 を再度ライセンス認証する
    Windows 10 を再度ライセンス認証する


    「Windows 10 を再度ライセンス認証する」という画面が表示されます。

    「このデバイスを以下から選んでください。」というメッセージの下に、現在ログインしているMicrosoftアカウントとプロダクトキーを関連付けしたライセンス認証済みのパソコンが一覧で表示されます。

    私の場合、Windows 10 を2ライセンス所有しているため、2台のパソコンが表示されています。

    今回、この操作をやってみて初めて知ったのですが、ライセンス認証済みパソコン一覧に「Gigabyte Technology Co., Ltd.」と表示されていますね。このパソコンは Gigabyte Technology 製のマザーボードを使っているのですが、このような情報もマイクロソフトに送信され、ライセンス管理に利用されているのですね。





    Windows 10 を再度ライセンス認証する(対象デバイス選択)
    Windows 10 を再度ライセンス認証する(対象デバイス選択)


    「現在使用中のデバイスは、これです」にチェックをつけて、ライセンス認証の移動元のパソコンを選択、「アクティブ化」ボタンをクリックします。





    ライセンスを再度認証中
    ライセンスを再度認証中
    ライセンス認証完了
    ライセンス認証完了


    ライセンス認証が完了した様子です。





    「設定 -> 更新とセキュリティ -> ライセンス認証」(ライセンス認証後)
    「設定 -> 更新とセキュリティ -> ライセンス認証」(ライセンス認証後)


    ふたたび、「設定 -> 更新とセキュリティ -> ライセンス認証」の様子です。

    「ライセンス認証 Windowsは、Microsoft アカウントにリンクされたデジタル ライセンスによってライセンス認証されています」と表示されており、ライセンス認証がされていることが確認できます。



    以上で、ライセンス再認証作業は終わりです。





にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 自作PC・改造(他)
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン Windows ウィンドウズ Windows10 AnniversaryUpdate ライセンス認証

広告
Google検索
プロフィール

meridianstar

Author:meridianstar
元システムエンジニアの成れの果ての姿。
詳しいプロフィール:はじめに

contact
※ブログ内容にそぐわない質問の場合、お答えできないことがあります。ご了承ください。

Twitter:meridian15
ニコニコ動画:ヤサコ
pixiv:ヤサコ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事一覧
最新記事
広告
カウンター
注目しているもの
リンク(企業)
リンク(お友達)
  • Bond's Lab
    音楽とオーディオとDIYをこよなく愛する ボンド君 氏 の趣味サイト。

  • 試行錯誤
    試行錯誤 氏 のプログラミングお勉強ブログ。

このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
参考書籍
にほんブログ村
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村