Stereo(ステレオ)誌 2013年1月号(USB-DAC LXU-OT2付録)を買ってみました。

Stereo(ステレオ)誌 2013年1月号を、付録のUSB-DAC LXU-OT2に釣られて買ってしまいました(笑)。このUSB-DACはラックスマン&Stereo共同企画みたいですね。



Stereo(ステレオ)誌 2013年1月号
Stereo(ステレオ)誌 2013年1月号


私は普段からステレオ誌を購読している訳ではないのですが、ちょうどUSB接続のオーディオインタフェース(USB-DAC)が欲しいと思っていた時期と、ステレオ誌の発売タイミングが偶然にも重なってしまいました(笑)。



関連記事



製品レビュー


付録USB-DAC梱包箱
付録USB-DAC梱包箱

雑誌部分を取り外した様子。左側にUSB-DACの梱包箱が見えます。左下に見える黒いものは、カメラの三脚です(汗)。



付録USB-DAC梱包箱(開封)
付録USB-DAC梱包箱(開封)

付録の梱包箱を開封した様子。



USB-DAC(内容物一覧)
USB-DAC(内容物一覧)

付録内容

  • 左側:USB-DAC LXU-OT2本体
  • 中上段:支柱とネジ
    基盤を自立させるための脚。中サイズ、長サイズの2種あり。長サイズはStereo 2012年1月号付録のデジタルアンプ基盤と連結させるためのもののようです。
  • 中下段:カバー(ホコリ避け)
  • 右側:USBケーブル


LXU-OT2 仕様(Stereo誌 P145より引用)

  • 大きさ:W94×H30.3×D90.7mm(前面ノブと背面端子を含む)
  • USB入力 サンプリング周波数:32kHz, 44.1kHz, 48kHz 量子化ビット数 16bit
  • ヘッドホン出力:62.5mW+62.5mW(16Ω)
  • DAC:TI社 BB PCM2704
  • 入力端子:USB(Bタイプ)
  • 出力端子:ヘッドホン出力(ステレオミニ), ライン出力(RCA)
  • ヘッドホン出力ボリューム搭載, USBバスパワー動作




USB-DAC(表側)
USB-DAC(表側)

補足

  • ボリュームはヘッドホンアンプ用です。ライン出力(RCA)には効果がありません。
  • オペアンプ JRC 4556AD, JRC 4558Dは保証外ですが同等品に交換可能のようです。交換することにより音質の違いを楽しむことができます。
  • 保証外ですが、改造することによりデジタル出力を追加できるようです。
  • 他のTI社 BB PCM2704を使用したUSB-DACには秋月電子通商の「USBオーディオDAコンバーターキット REV.CUSBオーディオDAコンバーターキット REV.C」があります。
  • PCM2704という半導体チップは、TI(Texas Instruments)社と、BB(Burr-Brown)社の表記が混ざっていて変だなと思ったらこういう訳TIによるBurr-Brown買収が完了なんですね。
  • USBバスパワーで使用できるためお手軽ですが、環境によってはUSBデバイスがたくさん接続されていたりもするので、電源供給機能つき(セルフパワー)のUSBハブを利用した方が安定動作しそうです。




USB-DAC(基盤表面アップ)
USB-DAC(基盤表面アップ)

基盤表面の拡大写真です。フラッシュの関係で見づらいです。部屋が暗いのでフラッシュを使わないと更に見づらくなってしまうため、やむを得ず使っています。



USB-DAC(裏側)
USB-DAC(裏側)

USB-DAC基盤裏側の様子。特に部品は実装されていません。



USB-DAC(カバー装着)
USB-DAC(カバー装着)

付属のカバー(ホコリ避け)を装着した様子。上部を覆うだけのものなので、私の汚い部屋ではすぐにホコリまみれになりそうです(汗)。



お手軽ケース作成

という訳で、100円ショップダイソーで適当なケースを買ってきました。当然ながら105円(税込)です。

本来はフィギュアなどを展示するためのケースのようです。本当はシールド効果が期待できるブリキ缶のような金属製の箱が欲しかったのですが、ちょうど良さそうなものがありませんでした。

USB-DAC(ダイソーケース前面)
USB-DAC(ダイソーケース前面)

USB-DAC(ダイソーケース上面)
USB-DAC(ダイソーケース上面)

USB-DAC(ダイソーケース裏面)
USB-DAC(ダイソーケース裏面)

USB-DAC(ダイソーケース底面)
USB-DAC(ダイソーケース底面)

写真を見ると分かると思いますが、私の加工技術が低いため、穴あけしているときに亀裂や、キズがついてしまいました。最初はスケルトンなケースも良いかな?と思っていたけど、これじゃあ汚いだけですね(汗)。


ダイソーの布テープで補修(笑)。ちょうど銀色の布テープがあったので、全体に貼ってみました。遠目には金属ケースに見えないこともない?(笑)。

USB-DAC(ダイソーケース表面2)
USB-DAC(ダイソーケース表面2)

USB-DAC(ダイソーケース裏面2)
USB-DAC(ダイソーケース裏面2)




USB-DAC(使用中)
USB-DAC(使用中)


使っている様子です。安い(笑)真空管アンプ、こちらの記事で紹介しているエレクトロボイス 209-8Aを使ったスピーカー、ノートパソコンにこのUSB-DACを接続してWinampを利用して音楽を聴いています。

通常Windows環境でCDなどから取り込んだ音楽ファイルを再生する場合、こちらの藤本健 氏の記事藤本健のDigital Audio Laboratory 第530回:「Windowsオーディオエンジンで音質劣化」検証その2 ~WMPにリミッター回避プラグイン。Windows 8では改善も ~に詳しく書かれていますが、XPならカーネルミキサー、Vista以降ならオーディオエンジンを経由して再生され、その際に音質が悪化します。そのためASIOドライバが使われる訳ですが、このUSB-DACには公式のASIOドライバはなさそうです。しかし、同記事によるとASIO4ALLドライバでもWindowsのオーディオエンジンをバイパスできるみたいです。環境によっては安定性に欠けるみたいですが、ダメもとでやってみました。

やってみたことは以下の通りです。ここでは音楽プレーヤーにWinampを利用していますが、ASIOドライバーを利用できる音楽プレーヤーであれば、Winampでなくても同様のことができるはずです。


WinampでのASIO4ALL 設定・再生方法

  1. USB-DAC LXU-OT2は事前にパソコンのUSB端子に接続して、USBオーディオデバイスとして認識させておきます。接続方法については、Stereo誌 P146~147を参照してください。

  2. こちらwinamp.comでWinampをダウンロードしてインストールします。ダウンロードするのは、無料のWinamp Standardで良いです。

  3. こちらwinamp.com ASIO output PluginでASIO output Pluginをダウンロードしてインストールします。

  4. こちらASIO4ALL - Universal ASIO Driver For WDM AudioでASIO4ALLドライバをダウンロードしてインストールします。

  5. Winampを起動します。CDの取り込みは事前に済ませておきます。私の場合はiTunesの環境も利用している関係で、codecはAAC 256kbpsで取り込んでいます。

  6. メニューの[オプション] → [設定]を選択します。

    Winamp(オプション → 設定)
    オプション → 設定

  7. Winamp 設定画面の[プラグイン] → [出力] → [ASIO output Plugin]を選択。[設定]ボタンを押します。

    Winamp 設定(プラグイン → 出力)
    プラグイン → 出力

  8. Config ASIO画面の[Driver]のドロップダウンリストを[ASIO4ALL v2]が選択された状態にします。[Control Panel]ボタンを押します。

    Config ASIO
    Config ASIO

  9. 下図(ASIO4ALL Control Panel画面)に示した位置(電源ボタンアイコンか、再生ボタンアイコンの位置)を押します。[LAXMAN LXU-OT2]という文字の部分を押すと選択された状態になりますが、先頭の電源ボタン、再生ボタンのアイコンが点灯した状態になっていないと、LAXMAN LXU-OT2から音が出力されません。

    他の音源(図ではAvance AC'97 Audio for VIA(R)Audio Controller)の先頭の電源ボタン、再生ボタンのアイコンが点灯している場合は、クリックして消灯させます。LAXMAN LXU-OT2の先頭の電源ボタン、再生ボタンのアイコンだけが点灯した状態にします。

    スパナアイコンのボタンを押します。

    ASIO4ALL Control Panel
    ASIO4ALL Control Panel

  10. ここでは下図のように[LAXMAN LXU-OT2]の文字の部分を選択します。その後[Always Resample 44.1kHz <-> 48kHz]がチェックされている場合はチェックをはずします。(音源の有効、無効は電源アイコン、再生アイコンをクリックすることで決定。音源のコンフィグレーションは名前の部分を選択することによって操作対象を決定する仕様のようです。)

    ASIO4ALL Control Panel → LAXMAN LXU-OT2
    ASIO4ALL Control Panel → LAXMAN LXU-OT2

  11. ASIO4ALL画面を×ボタンを押して閉じます。

  12. Config ASIO画面を×ボタンを押して閉じます。

  13. Winamp 設定画面を[閉じる]ボタンを押して閉じます。

  14. Winampで曲を再生します。正しく再生できていれば、以下のようなアイコンがタスクトレイに表示されます。このアイコンをクリックしても、ASIO4ALL画面を呼び出すことができます。

    ASIO4ALL 動作アイコン
    ASIO4ALL 動作アイコン


これで設定は終わりですが、1点だけ注意が必要です。この状態では音楽プレーヤー(この例ではWinamp)がUSB-DACを占有したような状態になっており、他のアプリケーションの音やWindowsのシステム音(たとえばエクスプローラー操作時のカチッという効果音など)がまったく再生されなくなります。この状態は音楽プレーヤーを終了すれば解消されます。

Winampのデフォルト設定では出力プラグインはDirectSound出力となっていますが、ASIO Output Pluginに変更したら、残響音が多くなったような気がします。ASIO4ALLドライバを入れたことによるプラシーボ効果かもしれませんが(笑)。私が使用している環境では動作が不安定になっていないようでした。



まとめ

購入直後で試聴時間が短いため、音質についての詳細なレビューは省きますが、ノートパソコンの内臓音源よりは遥かに細かい音が出ていますし、箱の作成、オペアンプなどの部品交換、デジタル出力追加など、この後もいろいろ遊べる良いおもちゃになっているのではないかと思います。

-> USB-DAC LXU-OT2 のノイズ対策 へ続く・・・



にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : オーディオ オーディオアクセサリ パソコン Stereo ステレオ 2013年1月号 USB-DAC LXU-OT2

広告
Google検索
プロフィール

meridianstar

Author:meridianstar
元システムエンジニアの成れの果ての姿。
詳しいプロフィール:はじめに

contact
※ブログ内容にそぐわない質問の場合、お答えできないことがあります。ご了承ください。

Twitter:meridian15
ニコニコ動画:ヤサコ
pixiv:ヤサコ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事一覧
最新記事
広告
カウンター
注目しているもの
リンク(企業)
リンク(お友達)
  • Bond's Lab
    音楽とオーディオとDIYをこよなく愛する ボンド君 氏 の趣味サイト。

  • 試行錯誤
    試行錯誤 氏 のプログラミングお勉強ブログ。

このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
参考書籍
にほんブログ村
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村