pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR を買ってみました。

近所のリサイクルショップを散策していたら、ちょっと変わったスピーカーシステムが目に留まりました。

見つけたスピーカーは、pioneer(パイオニア)のS-F21-W-LRという製品です。

pioneer S-F21-W-LR 関連記事
レビュー編(この記事)
分解編
補修・改造編
ネットワーク改造・試聴編

製品写真

左:Lチャンネル、右:Rチャンネル

pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Lチャンネル(正面)   pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Rチャンネル(正面)


このスピーカーはインターネットで調べてみたところ、同社のミニコンポ付属スピーカーのようです。

ツィーターはソフトドーム型なのでとくに目新しいところは無いのですが、ウーハーはいわゆるエッジレス型のユニットが使われています。これは、パイオニア「リニアパワー方式AJETスピーカー」という方式のユニットのようです。(参考:パイオニア株式会社 報道資料参考:パイオニア株式会社 報道資料)

LR両チャンネルのツィーターがつぶれています。また、Lチャンネルウーハーのセンターキャップもつぶれているという状態で売られていました(ようするにジャンク)。まあ、小さいお子さんがいる家庭だとツィーターとか、センターキャップは餌食になりますよねぇ。あれって、突っついてみたい衝動にかられるもんなぁ(笑)。サランネットの取り付け穴が付いていますが、前オーナーが紛失したからなのか詳細は不明ですが、付属していませんでした。

ユニットの状態はあまりよくなかったのですが、エンクロージャーは小型ですが厚い板を使っており、しっかりとした作りになっています。また、エッジレス型のスピーカーは聴いたことがなかったので聴いてみたいということもありました。それに、なにか心惹かれるものがありました(たぶん気のせい(笑))。

見つけたときは買うのをためらったのですが、スピーカー補修の教材になりそうだったのと、なによりMade in Japanだった(笑)ので、後日確保してきました。

Lチャンネル


上面
右面背面左面
底面
pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Lチャンネル(上面)
pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Lチャンネル(右面)pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Lチャンネル(背面)pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Lチャンネル(左面)
pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Lチャンネル(底面)


Lチャンネルユニットアップ

左:ツィーター、右:ウーハー
pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Lチャンネル(ツィーターアップ)pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Lチャンネル(ウーハアップ)



Rチャンネル


上面
右面背面左面
底面
pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Rチャンネル(上面)
pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Rチャンネル(右面)pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Rチャンネル(背面)pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Rチャンネル(左面)
pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Rチャンネル(底面)


Rチャンネルユニットアップ

左:ツィーター、右:ウーハー

pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Rチャンネル(ツィーターアップ)pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Rチャンネル(ウーハアップ)


寸法

縦×横×奥行:320×190×285mm
ツィータードーム口径:φ25mm
ウーハーコーン口径:φ110mm
バスレフダクト:φ50×200mm
(※詳細が不明なため、すべて実測です。)


所感

前述しましたが、これはミニコンポの付属スピーカーらしいのですが、付属品とは思えないしっかりとした作りになっており、実測で1台あたり5.6kgもあります。上下左右の板は15mm厚のパーティクルボード製です。バッフル板、背板は分解してみないと正確には分かりませんが、叩いてみた感じでは厚そうでした。安物スピーカーの場合バッフル板が合成樹脂製だったりしますが、このスピーカーはちゃんとパーティクルボードで作られているようです。残念ながら、合成樹脂製でした。->その2(分解編)

余談ですが、このスピーカーには背面にどちらがLチャンネルか、Rチャンネルかが分かるように記載されています。しかしユニットや、ダクトが左右対称配置になっている訳ではありません。唯一左右対称になっているのはバッフルに付いているロゴ(エンブレム?)だけです。でも、このロゴはサランネットを付けると見えないんじゃないかなぁ?。LR表記は意味がないような気もしますが、オーディオ機器の使い方に疎い人がとまどわないように、メーカーが親切心で付けているのでしょうね。

バッフル板のロゴには「AJET」「LINEAR POWER RESPONSE TECHNOLOGY」「PIONEER」と記載されています。

買った直後はエンクロージャー、ユニットともかなり汚れていました。そのため、無水アルコールでふき取り掃除を行っています。ユニットは特に入念に清掃しました。写真は清掃後に撮影しています。

Lチャンネルのエンクロージャーには背面に当て傷がついており、接着剤で補修しています。裏側なので適当に補修しちゃいましたが、もう少しきれいにやればよかった(汗)。


ツィーターユニットについて

ソフトドーム型のツィーターユニットです。LRチャンネルともにしっかりと(?)つぶされていましたが、写真では掃除機で吸い取ることにより元に戻しています。しかし、つぶれたときに振動板に小さな穴が開いてしまったようで、その影響だと思いますが、ドーム内の圧力が穴から抜けてしまうため完全にピンとしたドーム状態にはならず、しわしわになってしまいます。これは後々、なんとか補修をしたいところです。


ウーハーユニットについて

エッジレスのコーン型ウーハーユニットです。Rチャンネルのユニットは免れていますが、Lチャンネルはセンターキャップがしっかりとつぶされています。ツィーター同様に、掃除機で吸い取ることによりある程度はつぶれを直しているのですが、センターキャップの素材が意外と硬いことと、中心にセンターキャップ内の圧力抜きの穴が開いているため完全に直すことはできませんでした。これも後々ちゃんとした補修をしたいところです。

公証13cmくらいのユニットのようですが、エッジレスのためもう少し大きなユニットのように見えます。実際のところ実効半径はエッジがある13cm級ユニットより大きいのではないでしょうか?。それと、エッジレスのメリットとして、コーンの振幅がかなり大きく取れるようです。

コーンの汚れを取るために無水アルコールで拭いていたら、表面のコーティングが少しはがれてしまいました(汗)。

ツィーターとのクロスオーバー周波数は不明ですが、2Wayということもありウーハーが受け持つ周波数帯域が広いので、ウーハーというよりも振動板を少し重めにしてウーハーに近い設計としたフルレンジという感じなのかもしれません。


バスレフ型エンクロージャーについて

バスレフ型エンクロージャーはエンクロージャー内容量とバスレフダクトで構成されるヘルムホルツの共鳴器を、スピーカーユニットの背面からでる音波で駆動して共振させることにより低音を増強する方式です。ヘルムホルツの共鳴器の共振周波数を駆動するスピーカーユニットの低域再生限界より下の周波数に設定することにより、低域の再生範囲を広げる訳です。

エッジレススピーカーの場合、普通のスピーカーではエッジがある部分に隙間ができてしまうため、この部分の気密性が保てません。そのため、この隙間が一種のダクトとして動作してしまいます。エンクロージャー全体としての実効ダクト面積は…

「実効ダクト面積 = ダクト面積 + エッジ相当部分の隙間面積」

となり、実質ダクトの面積が広がったことと等価になります。

面積が広がることにより共振周波数が上昇しますし、ユニット背面で発生している逆相の音漏れも多くなるので、この機種の場合、これらの課題を何かしらの方法で対策しているのか?(あるいはしていないのか?)ちょっと興味があります。


周波数特性

周波数特性の測定を行ってみました。まとめて掲載します。

使用ソフトウェア:
多機能 高精度 テスト信号発生ソフト WaveGene V1.40 efu氏
高速リアルタイム スペクトラムアナライザー WaveSpectra V1.40 efu氏
マイク位置:ユニット軸上1m

Lチャンネル

上:サインスイープ、下:ピンクノイズ

pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Lチャンネル(周波数特性 サインスイープ)

pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Lチャンネル(周波数特性 ピンクノイズ)


Rチャンネル

上:サインスイープ、下:ピンクノイズ

pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Rチャンネル(周波数特性 サインスイープ)

pioneer(パイオニア)スピーカー S-F21-W-LR Rチャンネル(周波数特性 ピンクノイズ)


※周波数特性(ピンクノイズ)の50Hz、100Hzにあるスパイクはノイズです。無視してください。

かまぼこ型に近い特性ですが、概ね50Hz~20kHzがフラットに再生できており、40Hzあたりからレスポンスがあるので、パイプオルガンのペダルの音を再生したいとかわがままを言わなければ(笑)、たいていの音楽ソース再生では低域不足に感じることはなさそうです。

高域がドーム型ツィーターとは思えないほど乱れています。振動板がダメージを受けている影響でしょうか。しわしわドームになってしまっているため、指向性が悪くなっているのかもしれません。


音の傾向など

70Hz~400Hz付近のレベルが高く6kHz以上のレベルが低いため、低域よりのバランスに聴こえます。ミニコンポのスピーカーなのでこういう音作りの可能性もありますが、単にツィーターの調子が悪く高域がレベルダウンしているだけの可能性もあります。

ポップスなどを聴くにはこの特性が低音のパワー感につながるので特に問題なさそうですが、クラシックを聞くならイコライザー使用して、高域を持ち上げるなどしてフラットに近づけたほうが良いかもしれません。少々こもった感じに聴こえます。


まとめ

ミニコンポのスピーカーですが、物作り、音作りともに、なかなか良くまとまっている製品に感じました。

高域の乱れについては、試聴でも確認できるレベルなので、壊れているユニットの修理、特にツィーターはちゃんと修理してやりたいところです。

ウーハーのセンターキャップつぶれは、試聴した限りでは音質にそれほど影響はなさそうですが、ユニットそのものや、エンクロージャーの構造にも興味があるので、分解ついでに修理してしまいたいところです。

まあ修理するとしても、もう少し暖かい季節になってからになると思います。
->その2(分解編)

にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : オーディオ スピーカー ジャンク ジャンクオーディオ

広告
Google検索
プロフィール

meridianstar

Author:meridianstar
元システムエンジニアの成れの果ての姿。
詳しいプロフィール:はじめに

contact
※ブログ内容にそぐわない質問の場合、お答えできないことがあります。ご了承ください。

Twitter:meridian15
ニコニコ動画:ヤサコ
pixiv:ヤサコ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事一覧
最新記事
広告
カウンター
注目しているもの
リンク(企業)
リンク(お友達)
  • Bond's Lab
    音楽とオーディオとDIYをこよなく愛する ボンド君 氏 の趣味サイト。

  • 試行錯誤
    試行錯誤 氏 のプログラミングお勉強ブログ。

このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
参考書籍
にほんブログ村
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村