Alesis QSRのメンテナンス

私が所有している音源モジュールの1つにAlesis QSRという機種があります。音色に好みのものが多く、お気に入りのシンセサイザーです。



Alesis QSR
Alesis QSR



以前に中古で購入したものです。購入当時は特に問題なかったのですが、最近、しばらく使っていると暴走してMIDI信号に応答しなくなるようになってしまいました。また、ディスプレイのバックライトが切れかかっているらしく、点いたり消えたりします。

調子が悪いのでしばらく使っていなかったのですが、筐体の蓋を開けてみたところ不具合の原因と思われる箇所が分かったので、自分で修理してみることにしました。


ご注意!

このブログは素人が適当に書いているものです。内容については参考程度にされますようお願いします。

また、このブログを参考にして起きたいかなる損害についても、責任を負いかねます。ご了承お願いします。



分解・修理
分解・修理といってもそんなに大げさなことではなく、基盤から全ての電解コンデンサーを交換しただけです。


Alesis QSR (筐体を開けた様子)
筐体を開けた様子


Alesis QSR (劣化コンデンサ)
劣化したコンデンサ

電源端子(左下)付近の様子です。整流用ダイオード(2個)、平滑コンデンサ(4個)、三端子レギュレーター(2個)が見えます。

この音源モジュールには大型のACアダプタが付属しているのですが、整流ダイオードがここにあることからすると、アダプタ側では降圧のみで整流をしていない?。トランスしか入ってないってことかな?。音質優先でスイッチング電源をやめたけど、1Uラックサイズの本体にはトランスが入らなかったということでしょうか?。

写真を見ると分かりますが、平滑用の電解コンデンサが発熱する三端子レギュレーターにはさまれたような配置になっています。もともと熱に弱い電解コンデンサが長時間熱にさらされたおかげで、外装フィルムが縮んでしまっています。破裂こそしていませんが、かなり痛んでいそうです。

また、この筐体には排熱スリットのようなものは全くなく、PCカード挿入口くらいしか排熱できそうな穴がありません。PCカードが差し込まれた場合、熱の逃げ道が全くなくなってしまいます。コンパクトな筐体のため、熱が非常にこもりやすい構造です。実際、使用時に筐体を手で触れてみると、かなり熱くなっていました。そのため、調子が悪いのは熱暴走してしまっているからではないか?と思っていました。



Alesis QSR付属ACアダプタ(Roland SC155付属品と比較)
Alesis QSR付属ACアダプタ(Roland SC155付属品と比較)

Alesis QSR付属ACアダプタ(拡大)
Alesis QSR付属ACアダプタ(拡大)

Alesis QSR付属のACアダプタとRoland SC155付属のACアダプタを並べてみたもの(上段)、アダプタステッカー部拡大(下段)です。

今回久しぶりに見ましたが、やっぱりアダプタ側では降圧(AC100V -> AC9V)のみみたいですね。Roland SC155のアダプタ(AC100V -> DC9V)より一回り大きく、ずっしりとしています。しかもMADE IN JAPANの文字が。日本製だったのか、初めて気が付いた(笑)。ローカライズは日本の輸入代理店が行っていたのかな?。



Alesis QSR (劣化コンデンサ取外 基盤表)
コンデンサーを外した基盤の様子

Alesis QSR (劣化コンデンサ取外 基盤裏)
コンデンサーを外した基盤の様子(裏側)

半田吸取り線を使って半田除去を行い、劣化したコンデンサーを取り外しました。



Alesis QSR (取外した劣化コンデンサ1)
劣化したコンデンサー(電源用)

引退した皆さん。電源用コンデンサ(2,200μF 16V ×4個)



Alesis QSR (取外した劣化コンデンサ2)
劣化したコンデンサー(その他)

引退した皆さん。その他のコンデンサ(10μF 25V ×14個)



コンデンサーをすべて交換した様子
コンデンサーをすべて交換した様子

容量・耐電圧はちゃんと確認したのですが、サイズのことをあまり深く考えずに購入してしまいました(汗)。そのため、電源用コンデンサを立てた状態で取り付けると、高さの関係で筐体の蓋が閉まらなくなってしまうことに購入後気付きました・・・。しかたなく寝かした状態で取り付けています(汗々)。

コンデンサが大型になってしまったもうひとつ理由は、もともとが85℃品のコンデンサだったのを内部の発熱量を考慮して105℃品に変更したからということもあります。



Alesis QSR(補修後)修理後の様子


Alesis QSRディスプレイディスプレイ拡大(修理後)


修理後の様子。電源が無事に入ってほっとしています(笑)。

写真では分かりにくいですが、ディスプレイの右側のバックライトが少々暗くなっています。バックライト切れの問題はコンデンサの劣化とは無関係ですし、根本的に直そうとするとディスプレイごと交換する必要がありそうなのでとりあえずは保留。いまのところディスプレイが読めないということもないので通常使用で問題もありません。


この状態でしばらく様子を見るつもりです。SysExメッセージ多目の曲を演奏して負荷テストをやってみようかと思っています。まあ、これでまたMIDI信号に応答しなくなったとしても、私個人ではもう手のつけようがないのですが・・・(汗)。

にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : DTM
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン DTM

広告
Google検索
プロフィール

meridianstar

Author:meridianstar
元システムエンジニアの成れの果ての姿。
詳しいプロフィール:はじめに

contact
※ブログ内容にそぐわない質問の場合、お答えできないことがあります。ご了承ください。

Twitter:meridian15
ニコニコ動画:ヤサコ
pixiv:ヤサコ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事一覧
最新記事
広告
カウンター
注目しているもの
リンク(企業)
リンク(お友達)
  • Bond's Lab
    音楽とオーディオとDIYをこよなく愛する ボンド君 氏 の趣味サイト。

  • 試行錯誤
    試行錯誤 氏 のプログラミングお勉強ブログ。

このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
参考書籍
にほんブログ村
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村