スーパーウーハーを作りたい... ~その1~

イントロダクション


私の所有しているCD/DVD/BD視聴用のオーディオシステムは、オーディオ評論家 長岡鉄男氏が設計した共鳴管方式の自作スピーカー4本を基本とした、4.0方式(フロント2チャンネル + リア2チャンネル)サラウンドになっています。



部屋の様子(現状)
部屋の様子(現状)


現状の部屋の様子です。フロントスピーカーは長岡氏設計の「ハイカノン」を自己流に改悪(笑)したもの。リアスピーカーは長岡氏設計の「ビックカノン」です。

共鳴管方式スピーカーは高さがあるため非常に大きい印象を受けますが、床の占有面積は小さいため、部屋のすみに押し込んでしまえば意外と邪魔になりません。



関連記事リンク

「スーパーウーハーを作りたい...」




構想

現状の視聴スタイル


CDなどの2チャンネル音声を視聴する場合、現状のフロントスピーカー2本を使用した再生に不満はないので、スーパーウーハーを追加する必要性は特に感じていません。

しかし、DVD/BDなどに含まれる5.1チャンネル音声を視聴する場合、再生環境が4.0チャンネルとなってるため、0.1チャンネルの低音信号とセンターチャンネル信号がフロントチャンネル信号にミックスダウンされてしまいます。そのため、それらの信号はすべてフロントスピーカーに出力されることになり、これではフロントスピーカーに負荷が集中してしまいます。この点については何か対策を取りたいと思っていました。

上に掲載した図を見ると分かりやすいと思いますが、2本のフロントスピーカーの間にはスクリーンが壁に取り付けられており、センタースピーカーを設置しようとすると必然的にスクリーンの前に置くことになり、これでは画面が見えなくなってしまいます。

そのため、センタースピーカーはあきらめるとして、設置が比較的自由に行えるスーパーウーハーは高さにさえ気をつければ、スクリーン下のスペースに置くことが可能であり、フロントスピーカー負荷集中の解決策として現実的と考えました。



スーパーウーハー追加後(予想図)
スーパーウーハー追加後(予想図)




私が求めているスーパーウーハーの要件を箇条書きしてみると・・・
  • AVアンプの0.1チャンネル(サブウーハー)出力を利用し、専用パワーアンプを使って鳴らす。
  • フロントスピーカー、リアスピーカー共に能率が非常に高いので、能率が高い必要がある。
  • 立ち上がり、立ち下り重視の締った低音を再生したい。
  • 置けるスペースに限度がある。そのため、大きさを考慮する必要がある。特に高さはスクリーン下端に接触しない程度に抑える。
  • コストパフォーマンスを重視する。経費はなるべく抑えたい。



次回は、上であげた要件にマッチしたエンクロージャー方式を検討します。
#2(エンクロージャー方式の考察と決定)へ続く・・・


関連記事


にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : オーディオ スピーカー スピーカー工作 スーパーウーハー サブウーハー CLASSIC PRO クラシックプロ 06LB050U 共鳴管

コメントの投稿

非公開コメント

広告
Google検索
プロフィール

meridianstar

Author:meridianstar
元システムエンジニアの成れの果ての姿。
詳しいプロフィール:はじめに

contact
※ブログ内容にそぐわない質問の場合、お答えできないことがあります。ご了承ください。

Twitter:meridian15
ニコニコ動画:ヤサコ
pixiv:ヤサコ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事一覧
最新記事
広告
カウンター
注目しているもの
リンク(企業)
リンク(お友達)
  • Bond's Lab
    音楽とオーディオとDIYをこよなく愛する ボンド君 氏 の趣味サイト。

  • 試行錯誤
    試行錯誤 氏 のプログラミングお勉強ブログ。

このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
参考書籍
にほんブログ村
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村