スピーカーユニットメモ ~FOSTEX(フォステクス) PW80(ウーハー) ,PT20(ツィーター) (Stereo 2014年8月号付録)~

FOSTEX(フォステクス) PW80(8cmコーン型ウーハー) ,PT20(20mmソフトドーム型ツィーター) (Stereo 2014年8月号付録)




Stereo 2014年8月号
Stereo 2014年8月号
FOSTEX(フォステクス) PW80
FOSTEX(フォステクス) PW80
(8cmコーン型ウーハー)
FOSTEX(フォステクス) PT20
FOSTEX(フォステクス) PT20
(20mmソフトドーム型ツィーター)



仕様

PW80 規格

  • 形式:8cmコーン型ウーハー
  • インピーダンス:8Ω
  • 最低共振周波数f0:130Hz
  • 再生周波数帯域:f0~23kHz
  • 出力音圧レベル:83dB/w(1m)
  • 入力(NOM):8w
  • m0:2.3g
  • Q0:1.08
  • 実効振動半径:3.0cm
  • マグネット重量:92g
  • 総重量:224g
  • バッフル穴寸法:φ79mm
  • 標準エンクロージャー方式:密閉型/位相反転型(=バスレフ型)

PT20 規格

  • 形式:20mmソフトドーム型ツィーター
  • インピーダンス:8Ω
  • 最低共振周波数f0:約1.25kHz(pdf)
  • 再生周波数帯域:3kHz~32kHz
  • 出力音圧レベル:84dB/w(1m)
  • 入力(NOM):5W
  • 推奨クロスオーバー周波数:5kHz以上
  • マグネット重量:70g
  • 総重量:194g
  • バッフル穴寸法:φ60mm

※(pdf)と表記があるのもは、こちらのpdfファイルpdfファイルを参考に追加したものです。
※音楽之友社(公式)・Stereo 2014年8月号誌面より引用させていただきました。



関連記事リンク




所感

毎年恒例となってきた、スピーカーユニット付録のStereo誌8月号を今年も入手してみました。2014年8月号では、FOSTEX(フォステクス)社製のウーハーユニットPW80と、ツィーターユニットPT20がペアで付録します。

私の場合、発売日である2014年7月19日(土)の1週間くらい前にアマゾンで予約して購入しました。予約したときは発送予定日が7/21~7/23になっていたので、想像以上に予約している方が多く、これはしばらく現物を拝むことができないのかな?と思っていました。

しかし、音楽之友社ががんばって出荷量が多かったからなのか理由は分かりませんが、発売日の19日に発送されて、翌日の20日には手元に届きました(笑)。



 Stereo 2014年8月号(上)  
Stereo 2014年8月号(左)Stereo 2014年8月号(表)Stereo 2014年8月号(右)Stereo 2014年8月号(裏)
 Stereo 2014年8月号(下)  

Stereo 2014年8月号


パッケージの様子です。私はアマゾンで予約してネット通販で買ったので、店頭でならんでいる様子は見ていませんが、このパッケージの状態で売られているはずです。

恒例ですが、ページの隙間に段ボール製の梱包箱がはさまったような形になっています。



雑誌と梱包箱を分離
雑誌と梱包箱を分離


雑誌と梱包箱を分離した様子です。右:スピーカー梱包箱、左:Stereo 2014年8月号(本体)、上:雑誌表紙デザインの包装紙。



 梱包箱(上) 
梱包箱(左)梱包箱(表)梱包箱(右)
 梱包箱(下) 
 梱包箱(裏) 

スピーカー梱包箱


スピーカー梱包箱の様子です。表にFOSTEX社ロゴと、付録しているスピーカーの寸法図が印刷されています。上側は雑誌と分離したときにうまく取り外すことができず、やぶけました(笑)。

昨年、一昨年に発売されたスピーカー付録の8月号では、スピーカー梱包箱が簡易エンクロージャーとして使えたのですが、さすがに2wayでは無理だったようで、今年は簡易エンクロージャーとして使うことができないようです。これから購入を検討されている方で、エンクロージャーを作るのはちょっと難しいという方はご注意ください。

音楽之友社としては、「公式エンクロージャーが欲しい場合はムックを買ってください。」ということなのでしょう。



梱包箱を開封した様子
梱包箱を開封した様子


梱包箱を開けた様子です。ユニットが見えてきます。



内箱を開封した様子
内箱を開封した様子


内箱と書きましたが、ふたが2重になっていると表現した方が正しいかもしれません。この写真は2つ目のふたも開けた状態です。

梱包箱の中段位置に穴が4つ開いた段ボール紙が仕切りとして入っており、ユニットはその穴に収まっています。また、仕切り段ボールの下側に、ガスケットやネジなどの付属品が入っていました。



付録の一覧(袋付)
付録の一覧(袋付)


梱包箱に入っていたものをすべて取り出した様子です。



付録の一覧(袋開封)
付録の一覧(袋開封)


付録を袋から取り出した様子です。

  • 左上:ウーハーユニット(PW80)
  • 左下:ツィーターユニット(PT20)
  • 右上:ガスケット(左:PW80用、右:PT20用)
  • 右下:バイポーラコンデンサー(50V 1μF) x2個、取付けネジ x14個(PW80用 x8個、PT20用 x6個)

ガスケットの裏はシールになっており、ユニットフレームに貼り付けて固定ができるようです。フォステクスのレギュラー製品に付属しているウレタン製ガスケットはシールになっておらず、エンクロージャーに取り付けるときにずれて、フレームからはみ出し見た目が悪くなるので、これはちょっとうれしいかも(笑)。私ははみ出すのがイヤなのでほどんど使いません。



ウーハー保護ふた
ウーハー保護ふた

ツィーター保護シート・ふた
ツィーター保護シート・ふた

ウーハー、ツィーターには上のような移送時の衝撃・すり傷保護用と思われる、ふた・シート(ツィーターのみ)が付いていました。



ユニット拡大
ユニット拡大


付録ユニットを拡大した様子。上:PW80、下:PT20。



バイポーラコンデンサー
バイポーラコンデンサー


付録バイポーラコンデンサーを拡大した様子。バイポーラコンデンサー(両極性電解コンデンサ、ノンポーラコンデンサとも)は、50v 1μFです。

こちらのpdfファイルpdfファイルには、ムック付録エンクロージャーの測定結果と思われる周波数特性グラフ(7ページ:Fig5)が掲載されているのですが、そこで使われているコンデンサー容量が1μFとなっていました。このコンデンサーはムックでもそのまま利用するのかもしれません。



ユニット観察

ここからは、各スピーカーユニットを個別に観察して行きます。

誌面66ページには、付録ユニット開発者である フォステクス カンパニー SP技術 佐藤勇治 氏の記事が掲載されています。そこでは、付録ユニットの特徴についても触れられていますので、断片的に引用させていただきました。詳細は誌面をご覧ください。


付録ユニット特徴

  • Stereo誌サイズ(B5)の付録として無理のない大きさで且つ、スピーカークラフトを楽しめる実力を備える。
  • ネットワーク設計の容易さを考慮して、ウーハー、ツィーターの感度をそろえている。
  • ウーハーをワイドレンジ仕様とすることにより、ツィーターとのクロスオーバー周波数をいろいろ変えて音の変化を楽しめる。


  • FOSTEX(フォステクス) PW80(コーン型ウーハーユニット)
FOSTEX(フォステクス) PW80(表側)
表側
FOSTEX(フォステクス) PW80(裏側)
裏側


ペーパーコーン、ウレタンエッジの口径8cmウーハーユニットです。

ちょっと見た目が、ダイトーボイス AR-7DXに似ているかも(笑)。AR-7DXは布エッジのフルレンジですけどね。センターキャップはPW80の方がひと回り大きいようです。


ウーハーユニット特徴

  • 小口径(8cm)だが、なるべく低音が出るように設計。
  • 振動板(パルプコーン)の剛性は比較的高め。
  • ウレタンフォーム採用エッジ。
  • 高域は23kHzくらいまで伸びている。
  • ベースとなるモデルは存在するが、PT20との組み合わせやすさを考慮して一から設計をしなおしている。


推奨エンクロージャー

  • エンクロージャー方式:密閉型、バスレフ型
  • バスレフ型容量:3リットル弱
  • 密閉型容量(ニアフィールドリスニング向け):1.5リットル


ユニット裏側には、
-----------------------------
Stereo
model PW80
Woofer
FOSTEX
IMP.8Ω NOM.8W
made in china
-----------------------------
の印刷があります。



PW80(端子部)PW80(フレーム)
PW80(錦糸線)PW80(ダンパー)
PW80(端子・錦糸線)

PW80ギャラリー

側面を中心に何枚か写真を撮りました。心行くまでご覧ください(笑)。

ウレタンエッジはフレームから前方に少し飛び出しているので、裏返して置く場合は注意が必要です。短時間なら問題ないと思いますが、長時間置いておくとコーンの振幅中心がずれる恐れがあります。

ダイトーボイス AR-7DXとの一番の違いは、錦糸線ですね。AR-7DXはボイスコイルがコーン経由で錦糸線に接続されていますが、PW80はボイスコイルから直接接続されています。

ファストン端子は大きいほうが+端子です。見づらいですが、端子基板に+、-の刻印があります。
※梱包箱の外形寸法図には端子の極性が掲載されています。


  • FOSTEX(フォステクス) PT20(ソフトドーム型ツィーターユニット)
FOSTEX(フォステクス) PT20(表側)
表側
FOSTEX(フォステクス) PT20(裏側)
裏側


ソフトドームを採用した口径20mmのツィーターユニットです。


ツィーターユニット特徴

  • ダイアフラム素材はUFLC(ウレタン・フォーム・ラミネーテッド・クロス)を使用。これは同社製品FT28D、FT48Dと同系の布生地にウレタン膜が形成されたやわらかい素材。
  • 磁気回路に銅キャップ採用。高調波歪み低減。
  • 磁気ギャップに磁性流体採用。ボイスコイルの耐熱性向上。制動力向上。
  • ボイルコイル、ボイスコイルボビンはウーハーと同じものを使用。音色統一に配慮。
  • ボイスコイルは銅製線材を使用。
  • フレームはABS製・黒マット塗装。
  • 実用帯域:3kHz~、推奨帯域:5kHz~(-12dB/oct)。
  • 再生上限は~50kHzくらいまで伸びている。そのため、高域が伸びているウーハーとの接続でも、ツィーター追加の効果は得られる。


ユニット裏側には、
-----------------------------
Stereo
model PT20
Dome Tweeter
FOSTEX
IMP.8Ω NOM.5W
made in china
-----------------------------
の印刷があります。


PT20(フレーム)PT20(端子部)
PT20(端子部・別角度から)

PT20ギャラリー

こちらも、ギャラリーをご用意しました。心行くまでご覧ください(笑)。

ファストン端子は大きいほうが+端子です。こちらはウーハーと違って+、-の刻印がないようです。接続には注意が必要です。
※梱包箱の外形寸法図には端子の極性が掲載されています。



測定

周波数特性・インピーダンス特性(PW80のみ)を測定してみました。


使用ソフトウェア・測定環境

多機能 高精度 テスト信号発生ソフト WaveGene V1.50 efu氏
高速リアルタイム スペクトラムアナライザー WaveSpectra V1.51 efu氏
入力信号:サインスイープ20Hz~20kHz(PW80)、ピンクノイズ(PT20)
マイク位置:ユニット軸上1m


測定の様子(PW80)測定の様子(PT20)

測定の様子

周波数特性を測定している様子です。

写真のようにクランプでユニットマグネット部分を固定して宙吊りのような状態で測定しています。

そのため、専用キャビティを持つ密閉型のツィーターでは関係ありませんが、ウーハー、フルレンジの場合ではバッフル効果がまったく効かないため、メーカーが行う密閉箱での測定結果と比較して低域がレベル低下します。


PW80

周波数特性(PW80)
周波数特性(PW80)

PW80の測定結果です。100Hzのスパイク、およびそれ以下の周波数帯域はノイズなので無視してください。

誌面67ページに掲載されている周波数特性でも、高域の2.8kHz、10kHz、20kHzにピークが見られます。しかし、誌面では10kHzのピークが一番高くなっていますが、私の測定結果では2.8kHzが一番高くなっています。どうやらこれは私の部屋のくせのようで、2kHz~3kHzが強調されてしまうようです。

中低域では1kHzから下が、みごとにだら下がりになってしまっています。f0高め、Q0高めのユニットなので、ユニット単体を宙吊りにした状態でも300Hzくらいまでは中域と同等のレベルになるのではないか?と予想していましたが、予想と違いました。



そこで、使っていない小型エンクロージャーをひっぱり出してきて、それにPW80を取り付けて周波数特性を測定してみました。

測定の様子(PW80 0.7リットル密閉箱)
測定の様子(PW80 0.7リットル密閉箱)

0.7リットルの密閉箱に取り付けて測定している様子です。これはコイズミ無線などで販売されている「ダイトーボイス SV-70」という小型エンクロージャーです。もともとはツィータースタンドとして利用していました。

このエンクロージャーに取り付けた状態でしばらく音楽を聴いていたのですが、意外と良く鳴ります。モノラル(正確にはステレオ右チャンネルのみ)で聴いていましたが、点音源に近いためか広がり感も出ます。



周波数特性(PW80 0.7リットル密閉箱)
周波数特性(PW80 0.7リットル密閉箱)

0.7リットル密閉箱に取り付けた状態の測定結果です。ユニット単体での測定結果と同様に100Hzのスパイク、およびそれ以下の周波数帯域はノイズなので無視してください。

こちらの方が、誌面67ページに掲載されているフォステクス公式の周波数特性に近いですね。150Hz付近まで中域と同等の音圧レベルが出ています。ちょっと右肩上がりですが、150Hz~20kHzがほぼフラットで良い特性です。120Hz付近のディップがなければほとんど同じでした。

ちなみに、メーカーではもっと容量の大きい密閉箱(JIS箱)に取り付けて測定しています。



インピーダンス特性(PW80)
インピーダンス特性(PW80)

PW80のみインピーダンス特性も測定したので掲載します。これはユニット単体での特性です。密閉箱に取り付けた測定結果ではありません。グラフの0dBの位置が200Ωに合わせてあります。

f0のピークが134Hz。フォステクスの規格ではf0が130Hzとなっているので、なかなか良い値です。

f0より上帯域のインピーダンスが一番低い部分(358Hz)が-26.47dBとなっており、約9.5Ω。公証インピーダンスが8Ωなので、これはちょっと高いかな?。まあ、キャリブレーションに使っている200Ωのセメント抵抗器の精度がそれほど高いものではないので、誤差がでるのは仕方がないですけどね。



PT20

周波数特性(PT20)
周波数特性(PT20)

続いて、PT20の測定結果です。700Hz以下はノイズです。無視してください。

ツィーターの測定では、ピンクノイズを入力しています。そのため、測定される音圧レベルがウーハーの場合(サインスイープ)より低くなります。ハイパスフィルターは5μF(カットオフ周波数4kHz)のコンデンサーを接続しています。

3kHz~20kHzの範囲がほぼフラットの良い特性です。約1.25kHzのf0の山も確認することができます。



終わりに

実は、付録ユニットの他に別途ウーハーユニットを入手して、3way構成のスピーカーを作ろうかと画策していたのですが、Stereo誌主催の自作スピーカーコンテストでは、付録ユニット以外を使うのはレギュレーション違反みたいですねぇ。付録ユニットなら複数本の使用はOKみたいですが・・・。

まあ、自作スピーカーコンテストに参加するんかい(笑)って話もありますが。それ以前に、スピーカーの置き場が確保できないという根本的な問題が・・・(汗)。


Stereo
2014年8月号
2014年版
スピーカー工作の
基本&実例集
関連記事


にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : オーディオ スピーカー Stereo 2014年8月号 FOSTEX フォステクス PW80 PT20

コメントの投稿

非公開コメント

広告
Google検索
プロフィール

meridianstar

Author:meridianstar
元システムエンジニアの成れの果ての姿。
詳しいプロフィール:はじめに

contact
※ブログ内容にそぐわない質問の場合、お答えできないことがあります。ご了承ください。

Twitter:meridian15
ニコニコ動画:ヤサコ
pixiv:ヤサコ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事一覧
最新記事
広告
カウンター
注目しているもの
リンク(企業)
リンク(お友達)
  • Bond's Lab
    音楽とオーディオとDIYをこよなく愛する ボンド君 氏 の趣味サイト。

  • 試行錯誤
    試行錯誤 氏 のプログラミングお勉強ブログ。

このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
参考書籍
にほんブログ村
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村