スピーカーユニットメモ ~ウーハーユニット FOSTER(フォスター電機) C160L09 1511~

ウーハーユニット FOSTER(フォスター電機) C160L09 1511



ウーハーユニット FOSTER(フォスター電機)  C160L09 1511



仕様

FOSTER C160L09 1511

  • 形式:コーン型ウーハーユニット
  • 口径:160mm
  • インピーダンス:4Ω±0.6Ω
  • 最低共振周波数f0:49Hz±10Hz
  • 再生周波数帯域:f0~8kHz
  • 出力音圧レベル:88.5dB±2dB(1W/1m)
  • 定格入力:10W
  • マグネットサイズ:φ70xφ32x10mm
  • マグネット重量:150g
  • 奥行き:73.3mm
  • バッフル穴寸法:φ145mm
  • 総重量:590g
付属していた仕様書より引用させていただきました。
秋葉原コイズミ無線 FOSTER C160L09 1511 商品ページ秋葉原コイズミ無線 FOSTER C160L09 1511 商品ページ



所感

こちらの記事で製作中のStereo誌2014年8月号付録 FOSTEX製スピーカーユニットを使用した3wayスピーカーのウーハー用途として、秋葉原コイズミ無線で購入したものです。

Stereo誌2014年8月号に付録したFOSTEX製スピーカーユニットは20mmソフトドーム型ツィーターと、8cmコーン型ウーハーです。本来は、これらのユニットを使って2wayスピーカーを作るのが付録の目的なのですが、私はひねくれもの(笑)なので、ここはひと工夫してやろうと思いました。

そこで、8cmウーハーをスコーカー(ミッドレンジ)として利用、さらに、このFOSTER C160L09 1511追加することにより、3wayスピーカーにしてやろうと画策しました(笑)。

このユニットを選んだ理由は、片チャンネル当たり2本(L・R計4本)使うことを想定していたため、価格が安価なこと、ツィーター、スコーカーがFOSTEX製であるため、親会社のFOSTER製品なら音色が似ているかもしれないと思ったからです。

まあ、音色が似ているかどうかは半分くらい冗談ですが、ツィーター、スコーカーが雑誌付録のため、FOSTEXレギュラー製品のウーハーユニットを使ってしまうと、価格的にも、音質的にもオーバークオリティでバランスが崩れてしまうため、安価なウーハーの方が適していると思いました。

また、このウーハーはインピーダンスが4Ωのため、2本を直列接続すると8Ωとして使えるので、2本使いには適しているのでは?と思ったということもあります。



FOSTER C160L09 1511(表)
FOSTER C160L09 1511(表)


表側の様子です。

オーソドックスなペーパーコーン、ペーパーセンターキャップ、布製エッジのウーハーユニットです。OEM向け製品のため、中付けもできるように、紙製のガスケットがフレームに貼り付けてあります。



FOSTER C160L09 1511(裏)
FOSTER C160L09 1511(裏)


裏側の様子です。

フレームは1mmくらいの厚さのプレス、マグネットはφ70xφ32x10mm(150g)リングフェライト、ファストン端子は小型のものが付いていました。

写真では見づらいですが、端子基板に+、-の刻印があります。



梱包箱(後)
梱包箱(左)梱包箱(上)梱包箱(右)
梱包箱(前)
梱包箱(底)
梱包箱

段ボール製梱包箱の様子です。

今、この記事を書いていておかしなことに気付きました。上で掲載しているユニット拡大写真と、この梱包箱展開図(?)写真で撮影に使った梱包箱は別個体なのですが、値札に印刷されている値段が違いますね(笑)。



梱包箱(開封)
梱包箱(開封)


開封した様子です。

さすがはOEM向け製品と言ったところなのか、FOSTEXのスピーカークラフト向けユニットのように、ビニール袋に包まれた状態で梱包されているのではなく、ユニット単体がコーン側を上向きにしてそのまま入っていました。また、右側のような仕様書が付属していました。



取り付けネジ
取り付けネジ


取り付けネジ(4本)がマグネットに貼り付いた状態で入っていました。OEM向け製品の場合、ネジは付属していないことが多いので、自分で用意するのを覚悟していたのですが、これは助かりました。



FOSTER C160L09 1511(端子部)
FOSTER C160L09 1511(端子部)


端子部を拡大した様子。小型のファストン端子です。基盤に+、-の刻印があります。



FOSTER C160L09 1511(ガスケット・エッジ部)
FOSTER C160L09 1511(ガスケット・エッジ部)


ガスケット、エッジの様子です。リング状のフレームを沿うように紙製のガスケットが貼り付いています。

エッジは布に合成樹脂を塗布したタイプですが、ウレタンのように非常にやわらかい素材です。このやわらかさのおかげで、f0が50Hz付近まで低くなっているようです。



FOSTER C160L09 1511(センターキャップ)
FOSTER C160L09 1511(センターキャップ)


センターキャップ、コーンの様子。

少々緑がかった、黒色のセンターキャップ、コーンが使われています。仕様書にはm0が記載されていませんでしたが、コーンを見た感じでは、あまり大きな値ではなさそうです。指でつつくとパンパンと鳴ります。


FOSTER C160L09 1511(端子部・ダンパー その1)
FOSTER C160L09 1511(端子部・ダンパー その1)


端子、ダンパーの様子。

ダンパーは一般的なじゃばらタイプです。錦糸線はコーン経由で接続されていました。



FOSTER C160L09 1511(端子部・ダンパー その2)
FOSTER C160L09 1511(端子部・ダンパー その2)


端子、ダンパーを別の角度から見た様子です。



FOSTER C160L09 1511(仕様書)
FOSTER C160L09 1511(仕様書)


付属していた仕様書です。詳細な寸法、周波数特性なども掲載されています。



測定

周波数特性、インピーダンス特性を測定してみました。


使用ソフトウェア・測定環境

多機能 高精度 テスト信号発生ソフト WaveGene V1.50 efu氏
高速リアルタイム スペクトラムアナライザー WaveSpectra V1.51 efu氏
入力信号:サインスイープ20Hz~20kHz
マイク位置:ユニット軸上1m



先ずは、周波数特性から掲載します。

FOSTER C160L09 1511(周波数特性 1本のみ)
FOSTER C160L09 1511(周波数特性 1本のみ)


ユニット単体のマグネット部分をクランプで固定して、宙吊りのような状態にして測定しています。バッフル効果がまったく効かないため1kHz付近から下の帯域がだら下がりになっています。

ウーハー、フルレンジを測定する場合、できればメーカーのような大型密閉箱(JIS箱)や、平面バッフルに取り付けた状態で測定したいところなのですが、測定対象のユニット開口径がまちまちなので、すべてのケースについて個人で用意するのは難しいです。

そのため、バッフル効果でどの程度低域が伸びるのか分からないので、バスレフ型エンクロージャーを設計する場合、ダクト共振周波数を何Hzに設定するのが適当なのか、この測定結果では判断できません。

高域は10kHz付近まで伸びています。口径サイズ的にも、本来はドーム型ツィーターと5kHzくらいでクロスして、2wayで使うユニットだと思います。



FOSTER C160L09 1511(周波数特性 2本直列)
FOSTER C160L09 1511(周波数特性 2本直列)


2本を直列接続して使用する予定なので、その状態でも測定してみました。

700Hz付近を境界にして、上の帯域ではレベルダウン、下の帯域ではレベルアップしています。高域では2本が相互干渉を起こしてレベルダウンしているようです。逆に低域では振動板の面積が2倍になったので、放射効率が上がってレベルアップしているようです。

製作中のStereo誌2014年8月号付録 FOSTEX製スピーカーユニットを使用した3wayスピーカーでは、バスレフ型エンクロージャーを採用したのですが、これらの測定結果と、上で掲載した仕様書の周波数特性を参考にして、ダクト共振周波数が50Hzくらいになるように設計してみました。

しかし、実のところほとんど勘で設計しているので、うまくいくかどうかは、作ってみないと分かりません(汗)。



次に、インピーダンス特性を掲載します。

FOSTER C160L09 1511(インピーダンス特性)
FOSTER C160L09 1511(インピーダンス特性)


今回測定した個体では、f0が54.5Hz、インピーダンスが一番低い周波数が156Hz、インピーダンス値が4.85Ωとなっていました。



音質についてのインプレッションは、製作中の3wayスピーカーが完成したら一緒に行う予定です。
関連記事


にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : オーディオ スピーカー ウーハー FOSTER フォスター電機 C160L09 1511

コメントの投稿

非公開コメント

広告
Google検索
プロフィール

meridianstar

Author:meridianstar
元システムエンジニアの成れの果ての姿。
詳しいプロフィール:はじめに

contact
※ブログ内容にそぐわない質問の場合、お答えできないことがあります。ご了承ください。

Twitter:meridian15
ニコニコ動画:ヤサコ
pixiv:ヤサコ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事一覧
最新記事
広告
カウンター
注目しているもの
リンク(企業)
リンク(お友達)
  • Bond's Lab
    音楽とオーディオとDIYをこよなく愛する ボンド君 氏 の趣味サイト。

  • 試行錯誤
    試行錯誤 氏 のプログラミングお勉強ブログ。

このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
参考書籍
にほんブログ村
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村