Windows10 Technical Preview をインストールしてみました。 #2 (Build 9926 試用編)

今回は、前回の記事でインストールした Windows10 プレビューを実際に触れてみて、使用感を見て行きます。



Windows7 からのマイグレーション先として Windows10 を想定しているため、Windows7 との違いもあわせて見て行きます。



関連記事





「Windows 10」への無償アップグレードを抑止する方法

Windows 10 の無償アップグレードは、Get Windows 10 アプリ(「Windows 10 を入手する」のこと)などから予約しない限り、自動的に行われることはないようですが、アップグレードを抑止する方法がマイクロソフトより公開されましたので、当該記事リンクを掲載します。

この方法を実施することにより、無償アップグレード予約をしていたとしても、自動的にアップグレードされるのを抑止できるようです。


[企業ユーザー向け] Windows Update からの Windows 10 への無償アップグレードを管理する方法[企業ユーザー向け] Windows Update からの Windows 10 への無償アップグレードを管理する方法




インストールしたパソコンスペック

今回、Windows10テクニカルプレビューをインストールしたパソコンスペックです。


ASUS Eee PC 901-X

  • ディスプレイ:8.9インチ (1024x600)
  • CPU:Intel Atom N270 (1.6GHz)
  • メモリ:2GB
  • ストレージ:SSD (64GB + 4GB)
※メモリ、ストレージはオリジナルの状態から増設しています。メモリ:1GB -> 2GB、ストレージ:SSD (4GB + 8GB) -> SSD (64GB + 4GB)
※オリジナルのOSはWindows XP Home Edition(SP3)ですが、現在はUbuntu Linuxがインストールされています。


ASUS Eee PC 901-XにはDVDドライブが内蔵されていないため、USB接続の外付けDVDドライブを接続してインストールしました。また、Intel Atom N270 CPU は64bit OSに対応していないため、32bit版のWindows10テクニカルプレビューをインストールしています。



試用

  • 起動・ログイン

Windows10 プレビュー起動直後の様子
Windows10 プレビュー起動直後の様子

画面(どこでも良い)をクリックするとログイン画面が表示されます。



ログイン画面
ログイン画面

ログイン画面の様子。インストール時に作成したユーザーアカウントのパスワードを入力するとログインできます。



  • デスクトップ・スタートメニュー

デスクトップの様子
デスクトップの様子

ログイン直後のデスクトップの様子です。

Windows7ではスタートメニューにあったサーチボックスがタスクバーに移動しており、画面の解像度が低いと厳しいですね。VISTA以降、マイクロソフトはどうもWindowsの推奨解像度をSXGA(1280x1024pixel)以上にしている節があります。

このパソコンの液晶ディスプレイ解像度は1024x600pixelなのですが、チップセット統合型GPUがうまく認識されておらず、最適なドライバーソフトがインストールされていないため、現時点では800x600pixelで表示されています。そのため、デスクトップが更に狭くなっています。



スタートメニューの様子
スタートメニューの様子

Windows8で一旦なくなったスタートメニューが復活しました。

各メディア既報のとおり、右側にはタイルUIが表示されます。右上の赤で囲ったアイコンをクリックすると、タイルUIが全画面表示(次の画像参照)されます。



スタートメニュー タイルUI(全画面表示)
スタートメニュー タイルUI(全画面表示)

タイルUI(全画面表示)の様子。左側のリストやタスクバーも表示されたままになっており、スタートメニューのウィンドウが最大化したような感じですね。

Windows8のタイルUIの場合、リスト、タスクバーは表示されなかったと思います(うろ覚え(汗))。また、タイルUI部分をスワイプ操作で横スクロールさせることによって、全体の項目が見えるようになっていましたが、Windows10の場合、縦スクロールになっていますね。まあプレビュー版なので、これから変更される可能性はあります。

右上の赤で囲ったアイコンをクリックすると、全画面表示から通常のスタートメニューに戻ります。



電源ボタン

Windows8のプレビュー版をインストールしたとき、ログイン画面を表示させる方法の次に困惑した、迷子の電源ボタン(笑)が、スタートメニューの分かりやすい位置に帰って来ました。



スタートメニュー左列(リスト)スタートメニュー右列(タイルUI)

インストール直後のスタートメニューに表示されるリスト(すべてのアプリをクリックすると表示されるもの)と、タイルUIのスクロールしないと見えない部分をつなげて1つの画像にしてみました。(クリックすると拡大表示されます。)

リストの表示順が、アルファベット順、五十音順になっているのは分かるけど、「漢字」は五十音順に含めて欲しいですね。あと、機能別に並べ替えができると更に良いです。



  • コンピュータの設定

Settings(設定)
Settings(設定)

チップセット統合型GPUがうまく認識されていないようなので、デバイスマネージャーを見てみようと思い、スタートメニューにあった「Settings」を起動してみました。



Settings(設定) → システム → バージョン情報
Settings(設定) → システム → バージョン情報

しかし、バージョン情報、その他の項目を探してもデバイスマネージャーを見つけることが出来ませんでした・・・。



スタートメニュー(すべてのアプリ → Windows システム ツール)
スタートメニュー(すべてのアプリ → Windows システム ツール)

デバイスマネージャーを見つけるべく、スタートメニューをいろいろと探索していると・・・。

スタートメニュー → すべてのアプリ → Windows システム ツール の中にコントロールパネルという項目を発見。あれ?、さっきの Settings は一体なんだったんだろ?。



コントロールパネル
コントロールパネル

コントロールパネルを起動すると、Windows7 と同一の見慣れたコントロールパネルが表示されました。ちょっと、ホッとしました(笑)。



コントロールパネル → システムとセキュリティ → システム
コントロールパネル → システムとセキュリティ → システム

コントロールパネル → システムとセキュリティ → システム の様子。

Settings → システム と同じような内容が表示されていますね。こちらの画面には、デバイスマネージャーの項目がありました。

しかし、Settings と、コントロールパネル という似たような機能が2つありますが、製品版に両方残るとは思えません。最終的にはどちらかに統合されるのでしょうか?。



デバイスマネージャー
デバイスマネージャー

やっとのことで、デバイスマネージャーを見ることが出来ました(汗)。

案の定、ビデオコントローラーが認識していません。USB2.0 WLAN はバッファローのUSB接続無線LAN子機です。不明なデバイス というのもありますね・・・。これはいったいなんだろ?。ASUS Eee PC 901-X に内臓されているデバイスだと思いますが、なにやら見当がつきません・・・(汗)。



無線LAN子機ドライバーインストール

USB接続の無線LAN子機(バッファロー Air Station Wireless-G WLI-U2-KG54L)がうまく認識していないことが分かったので、バッファロー公式HPより、最新版ドライバー(Windows8.1対応)をダウンロードしてインストールしてみました。

インストールしてみましたが・・・、管理ツール類は正常にインストールできたみたいですが、肝心の子機ドライバーがインストール失敗(汗)。まあ、プレビュー版なので、ある程度予想はしていましたが・・・(汗々)。



デバイスマネージャー(バッファロー Air Station Wireless-G WLI-U2-KG54L)
デバイスマネージャー(バッファロー Air Station Wireless-G WLI-U2-KG54L)

バッファロー Air Station Wireless-G WLI-U2-KG54Lドライバーインストール失敗後のデバイスマネージャーの様子。

ほかのデバイス から、 ネットワークアダプター の配下に 「BUFFALO WLI-U2-KG54L Wireless LAN Adapter」 という表示が移動していますが、「!」マークが付いており、動作していません。

Windows Update を早くやりたかったので、今回は設定が不要な有線LANを使用することにしました。



  • Windows ライセンス認証

コントロールパネル → システムとセキュリティ → システム(ライセンス認証)
コントロールパネル → システムとセキュリティ → システム(ライセンス認証)

有線LANを使用してネットワークにつながったのと、さっき見た コントロールパネル → システムとセキュリティ → システム の画面に Windowsのライセンス認証の項目があったので、Windows Update の前にライセンス認証を行いました。



Settings → Windowsのライセンス認証

ライセンス認証のボタンを押すと、今度は Settings → Windowsのライセンス認証 画面に移動しました。この画面にある ライセンス認証 ボタンを押すと認証作業が開始しました。

しかし、しばらくしたら Windowsのライセンス認証 画面が真っ黒になってしまい、これは失敗したのかな?と思って、ウィンドウを閉じてしまいました。(そのため、スクリーンショットを取るのを忘れてしまいました・・・。)



コントロールパネル → システムとセキュリティ → システム(ライセンス認証 成功)
コントロールパネル → システムとセキュリティ → システム(ライセンス認証 成功)

一応、コントロールパネル → システムとセキュリティ → システム 画面を確認してみました。

ライセンス認証は失敗しているだろうなぁ・・・と思ったら、成功していました。プレビュー版なので、ライセンス認証 画面が真っ黒になる不具合があるみたいですね。



  • Windows Update

コントロールパネル → システムとセキュリティ(Windows7)
コントロールパネル → システムとセキュリティ(Windows7)

Windows7 の場合、Windows Update の項目は、コントロールパネル → システムとセキュリティ にあるので、Windows10プレビュー版でも、同じなのかな?と思い、コントロールパネルを開いてみると・・・。



コントロールパネル → システムとセキュリティ(Windows10)
コントロールパネル → システムとセキュリティ(Windows10)

Windows10プレビュー版の コントロールパネル → システムとセキュリティ には、なんと Windows Update の項目がありませんでした・・・。

そんなバカな・・・と思い、そういえば Settings(設定) という、コントロールパネルと似たような機能があることを思い出したので、そちらも確認してみました。



Settings(設定)
Settings(設定)

Settings(設定) 内には 保守と管理 という項目があり、「Windows Update、バックアップ、リカバリ」と書いてありました。

Windows Update が Settings に移動しているということは、コントロールパネルが廃止で、Settings が本命ということになるのかな?。よくわからん・・・。



Windows Update
Windows Update

Settings → 保守と管理 → Windows Update を選択すると、ネットワークに接続されていれば、自動で更新プログラムの確認が開始しました。



Windows Update(エラー)
Windows Update(エラー)

なにやら、エラーが発生しました。

何回かくり返しても、その度にエラーが発生して困り果てましたが・・・、バッファローの無線LAN子機のデバイスドライバーが見つからなくてエラーになっているのかな?と思い、無線LAN子機をはずしたら、エラーが出なくなりました。



Windows Update(更新プログラムダウンロード)
Windows Update(更新プログラムダウンロード)

エラーが出なくなってからは、滞りなく作業が進みました。



Windows Update(更新プログラム詳細)
Windows Update(更新プログラム詳細)

更新プログラムの詳細を表示する をクリックして、詳細を表示した様子です。



Windows Update(インストール)
Windows Update(インストール)

更新プログラムのダウンロードが終了すると、この画面になりました。インストール ボタンを押して、インストールを開始します。



Windows Update(インストール中)
Windows Update(インストール中)

更新プログラムをインストールしている様子です。



Windows Update(インストール後)
Windows Update(インストール後)

更新プログラムのインストールが終わった後の様子。

再起動のスケジューリングが行えるみたいですね。私の場合は、今すぐ再起動する ボタンを押して、即時で再起動しました。



Windows Update(更新履歴)
Windows Update(更新履歴)

再起動する前に、更新プログラムの詳細を表示する を押して、更新履歴を表示してみました。



Windows Update(再起動後)
Windows Update(再起動後)

再起動を行った後に、Settings → 保守と管理 → Windows Update をもう一度表示してみました。最新の状態になっているようです。



次 -> #3(Build 10041 インストール・試用編)


関連記事


にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

テーマ : 自作PC・改造(他)
ジャンル : コンピュータ

tag : パソコン Windows ウィンドウズ Windows10テクニカルプレビュー Windows10TechnicalPreview インストール

コメントの投稿

非公開コメント

広告
Google検索
プロフィール

meridianstar

Author:meridianstar
元システムエンジニアの成れの果ての姿。
詳しいプロフィール:はじめに

contact
※ブログ内容にそぐわない質問の場合、お答えできないことがあります。ご了承ください。

Twitter:meridian15
ニコニコ動画:ヤサコ
pixiv:ヤサコ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事一覧
最新記事
広告
カウンター
注目しているもの
リンク(企業)
リンク(お友達)
  • Bond's Lab
    音楽とオーディオとDIYをこよなく愛する ボンド君 氏 の趣味サイト。

  • 試行錯誤
    試行錯誤 氏 のプログラミングお勉強ブログ。

このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
参考書籍
にほんブログ村
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村