スピーカーユニットメモ ~フルレンジユニット FOSTEX(フォステクス) P1000~

Stereo(ステレオ)誌 2015年8月号 付録

フルレンジユニット FOSTEX(フォステクス) P1000


ステレオ2015年8月号(表紙)
Stereo(ステレオ) 2015年8月号
FOSTEX(フォステクス) P1000 (表)
FOSTEX(フォステクス) P1000 (裏)
FOSTEX(フォステクス) P1000




関連記事リンク




仕様

FOSTEX(フォステクス) P1000
  • 形式:メカニカル2way 10cmコーン型フルレンジ
  • 公証インピーダンス:8Ω
  • 最低共振周波数f0:90Hz
  • 再生周波数帯域:f0~16kHz
  • 出力音圧レベル:88dB/w(1m)
  • 入力(NOM):12w
  • m0:3.3g
  • Q0:0.8
  • 実効振動半径:4.0cm
  • マグネット質量:103g
  • 総質量:303g
  • バッフル穴寸法:φ94mm
  • 標準エンクロージャー方式:バスレフ型
※スピーカーケーブル・ファストン端子は付録しません。



外形寸法
外形寸法


※仕様・外形寸法は、Stereo 2015年8月号 P51より引用させて頂きました。




特徴

フォステクスカンパニー 技術課SP技術 佐藤勇治氏 のインタビュー記事(Stereo 2015年8月号 P50~)を元に、フルレンジユニットP1000の特徴について抜粋しました。

  • ステレオ誌パッケージに付録可能な最大サイズ、口径10cmに大型化。口径が大きくなることによりパワー的にも有利になり、大きな音が出せる。エンクロージャー選択肢の拡がりにも考慮している。

  • FOSTEX P1000Kをベースに再設計。性能を落とさず、使いやすい音響パラメーター、音質になるようにアレンジ。

  • P1000Kとの違い: 磁気回路マグネットサイズの小口径化、エッジ素材(ゴム→布)、ボイスコイルボビン素材(クラフト紙→ガラスコンポジット材)。

  • マグネットサイズ小型化による性能低下を補うために振動系を軽量化。ゴムエッジ→軽量布エッジに変更することにより性能を維持。

  • コーン紙、センターキャップ素材はP1000Kと同一のバナナパルプをベースに、2つの異なる物性に調整した木材パルプをブレンドしたもの。これによりフルレンジユニットに最適な、軽量・剛性・適度な内部損失を両立している。

  • 軽量布エッジにより能率上昇、アップロール形状にすることにより高ストロークを実現。エッジが柔らかいため微小信号に強い。また、エッジの貼り付け方もP1000Kから変更がされており、能率上昇に貢献している。

  • ガラスコンポジット材ボイスコイルボビン採用。センターキャップをボイスコイルボビンに直結したメカニカル2way構造にすることにより、高域特性を改善。

  • 低域~高域までワイドレンジフラットバランスながら、中域に張りのある音離れの良さを実現。

  • P1000を1本で使用するなら、8~10リットル位のバスレフ型か密閉型エンクロージャーが最適なサイズ。エンクロージャーを大きめにした方が低い帯域まで再生できる。




所感

スピーカークラフト界の夏の風物詩(?)になりつつある、ステレオ誌8月号の付録スピーカーユニットです。今回は、ステレオ誌上最大級の口径10cmフルレンジユニットが付属しています。製造元はおなじみのFOSTEX(フォステクス)です。




 Stereo(ステレオ) 2015年8月号 (上)  
Stereo(ステレオ) 2015年8月号 (左)Stereo(ステレオ) 2015年8月号 (表紙)Stereo(ステレオ) 2015年8月号 (右)Stereo(ステレオ) 2015年8月号 (裏)
 Stereo(ステレオ) 2015年8月号 (下)  

Stereo(ステレオ) 2015年8月号

雑誌本体と付録ユニットが入った段ボール箱が大きな表紙(のようなもの)に包まれている構造は、例年通りですね。




Stereo(ステレオ) 2015年8月号(本体)

大きな表紙(のようなもの)をめくった様子です。左側が雑誌本体です。




Stereo(ステレオ) 2015年8月号(付録ユニット梱包箱)

雑誌本体をめくった様子です。左側に付録ユニットの梱包箱が見えます。




付録ユニット梱包箱(裏側)

付録ユニット梱包箱(裏側)の様子です。




雑誌本体、付録ユニット梱包箱を分離

雑誌本体、付録ユニット梱包箱を分離した様子です。





 付録ユニット梱包箱(上)  
付録ユニット梱包箱(左)付録ユニット梱包箱(表)付録ユニット梱包箱(右)付録ユニット梱包箱(裏)
 付録ユニット梱包箱(下)  

付録梱包箱(段ボール紙製)

段ボール紙製の付録ユニット梱包箱です。去年の2wayスピーカー(ツィーター、ウーハーのペア)からフルレンジユニットのペアに戻ったということもあり、梱包箱が簡易エンクロージャーとして使える仕様が復活しました。

ちょっと見にくいですが(写真クリックで拡大)、橙色の表面にユニット取付け穴のミシン目が2つ付いています。また、白色の裏面にはスピーカーケーブル引き出し用穴の印刷(ミシン目ではない)があります。

付録に興味があるけれど、エンクロージャー製作まではちょっと・・・という方でも、梱包箱に取り付けてとりあえず鳴らしてみることが出来るようになったため、去年よりも敷居が下がりました。ただし、スピーカーケーブル・ファストン端子が付録していないため、各自で用意する必要があります。

まあ、とりあえず鳴らせれば良いのであれば、電気屋で売っているAC100V用の電源ケーブルがスピーカーケーブルの代わりとして使えると思います。電線皮膜に極性を表す色分けがされていないので、ちょっと使いにくいですけどね(汗)。




付録ユニット梱包箱(外箱・内箱)

付録ユニット梱包箱から内箱を引き出した様子です。




付録ユニット梱包箱(内箱拡大)

付録ユニット梱包箱(内箱)の様子です。丸い穴からユニットコーン保護カバーが見えます。




付録ユニット梱包箱(内箱開封)

内箱を開封した様子です。コーン保護カバーが付いたユニットが2本、ネジが入ったビニール袋が1個入っていました。




ユニット拡大

コーン保護カバーを外したユニットの様子です。




内容品一覧
内容品一覧

付録梱包箱に入っていた内容品一覧です。


内容品

  • フルレンジユニット FOSTEX P1000(保護カバー付) x 2本
  • ユニット取付けネジ x 8本




ユニット取付けネジ(4本 x 2)

ユニット取付けネジをビニール袋から取り出した様子です。黒塗装されたネジが8本入っていました。





FOSTEX(フォステクス) P1000 (表側)FOSTEX(フォステクス) P1000 (裏側)
フルレンジユニット FOSTEX P1000 (左:表側、右:裏側)

フルレンジユニット FOSTEX P1000の様子です。

黒色ペーパーコーンのフルレンジです。エッジがガスケットから飛び出しているため、コーン面を下にして置く場合は、付属の保護カバーを付けておくのが無難です。エッジが非常に柔らかいため、無理な力がかかると変形して戻らなくなる恐れがあります。



  • FOSTEX P1000 ギャラリー

FOSTEX P1000 ギャラリー1FOSTEX P1000 ギャラリー2
端子部・フランジ裏の様子。

フランジ裏にはガスケットとしてウレタンシートが貼り付いていました。
フレーム・磁気回路の様子。
FOSTEX P1000 ギャラリー3FOSTEX P1000 ギャラリー4
磁気回路裏(ヨーク)の様子。

---------------------------
Stereo
model P1000
Full Range Speaker

FOSTEX
IMP. 8Ω NOM. 12W
made in china
---------------------------

の印刷がされています。
錦糸線の様子。

コーン経由ではなく、ボイスコイルから直に引き出されていました。そのため、コーン面にボイスコイル引き出し部のボンドコーティングがありません。
FOSTEX P1000 ギャラリー5FOSTEX P1000 ギャラリー6
エッジ、コーン、センターキャップを拡大した様子です。

ボイスコイル引き出し部のボンドコーティングがないことが分かります。

また、布エッジは非常に柔らかいです。個人でこんなエッジが作れたらいいのになぁ(笑)。
フランジ裏・端子部・錦糸線を別の角度から見た様子です。
FOSTEX P1000 ギャラリー7FOSTEX P1000 ギャラリー8
端子部の様子。

赤いマーキングがされている側がプラス端子です。

このユニットはちょっと変わっていて、錦糸線が端子脇に半田付けされていますね。大抵のユニットは端子の穴(赤いマーキング下の穴)に半田付けされています。
ボイスコイルボビン・錦糸線・ダンパーの様子です。

錦糸線がボイスコイルから直に引き出されていることがわかります。

ダンパーは一般的なじゃばら型でした。
FOSTEX P1000 ギャラリー9FOSTEX P1000 ギャラリー10
ボイスコイルボビン・錦糸線・ダンパーを別の角度から見た様子です。フランジ・ガスケット・エッジの様子。

ガスケットからエッジがかなり盛り上がっていることが分かると思います。

前述のとおり、このエッジは非常に柔らかいので取り扱いに注意した方が良さそうです。





測定

周波数特性、インピーダンス特性を測定しましたので、掲載します。


使用ソフトウェア・測定環境
多機能 高精度 テスト信号発生ソフト WaveGene V1.50 efu氏
高速リアルタイム スペクトラムアナライザー WaveSpectra V1.51 efu氏
入力信号:サインスイープ 20Hz~20kHz
マイク位置:ユニット軸上1m(周波数特性の場合)
エンクロージャー容量:5リットル(周波数特性の場合)



  • 周波数特性

口径10cmフルレンジユニット ダイトーボイス DS-100F (右側)
口径10cmフルレンジユニット ダイトーボイス DS-100F (右側)

参考資料として、バッフル開口径、ネジ穴位置が同一だった、ダイトーボイス DS-100F(8Ω)の測定結果(周波数特性のみ)も比較対象として合わせて掲載しています。

ダイトーボイス DS-100Fの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

なお、私が所有しているDS-100Fは購入した時期が10年以上前なので、現在流通しているものと特性が異なる可能性があります。ご了承ください。



周波数特性の測定風景
周波数特性の測定風景

周波数特性の測定に利用したエンクロージャーは、こちらの記事で製作の様子を掲載している、5リットルの焼酎ペットボトルを材料に使ったペットボトルスピーカーです。

記事をご覧になると分かりますが、このペットボトルスピーカーにはダイトーボイス DS-100Fが使用されています。このフルレンジユニットは上述したとおり、P1000とバッフル開口径、ネジ穴位置まで同じだったためそのまま利用することができました。

このエンクロージャーは本来バスレフ型ですが、ダクトに吸音材をつめて密閉型にして測定しています。




FOSTEX(フォステクス) P1000 周波数特性・インピーダンス特性(FOSTX公式)
FOSTEX(フォステクス) P1000 周波数特性・インピーダンス特性(FOSTX公式)

参考資料として、公式の周波数特性・インピーダンス特性を掲載しました。実測と合わせてご覧ください。
※Stereo 2015年8月号 P51より引用させて頂きました。



[参考]周波数特性 ダイトーボイス DS-100F
[参考]周波数特性 ダイトーボイス DS-100F

先ずは、比較対象となるダイトーボイス DS-100Fの測定結果です。周波数特性の測定結果は全てのケースにおいて、50Hz以下はノイズ(自動車のエンジン音等)です。無視してください。

200Hz~16kHzがおおむねフラットで良い特性です。このユニットは低域が出にくいですが、ボーカル帯域にウェイトを置いた音作りをしているようで、中域がきれいなので気に入っています。フルレンジとして使うのも良いですが、いつかは3wayスピーカーのスコーカーとして使ってみたいと思っています。



周波数特性 FOSTEX(フォステクス) P1000
周波数特性 FOSTEX(フォステクス) P1000

FOSTEX(フォステクス) P1000の測定結果です。

200Hz~10kHzがおおむねフラット。10kHz以上はダラ下がりの特性です。FOSTEX公式の測定環境とはかなり違うはずですが、結果は良く似ていますね。中域はDS-100Fと比較して3~5dB位低く、逆に低域(70~100Hz)は6dB位高いです。

低域のレベルが高い理由は、エッジがDS-100Fと比較して柔らかいこと、Q0が0.8と高めのため、振幅が大きくなっているためと思います。




  • インピーダンス特性

インピーダンス特性 FOSTEX(フォステクス) P1000
インピーダンス特性 FOSTEX(フォステクス) P1000

グラフの0dB位置が200Ωになるように調整してあります。

FOSTEX公式発表f0は90Hzとなっています。これは公式インピーダンス特性グラフにも言えますが、実際は90Hzよりも少々低いみたいですね。

私が実測したグラフも90Hzより低く、85Hz位になっていました。f0の山の頂上が-11dB位なので、インピーダンスは約56Ω。公式より高めですね。まあ、素人が適当に測定しているので精度はこんなもんでしょう。




終わりに

ほんの少しの間しか試聴をしていないので詳しい音質レビューは控えますが、ペットボトルのキャビネット(密閉型)で少々音楽を流してみた感想を書くと、少々細身ですが、歪み感の少ないフォステクスらしい爽やかな音に感じました。

自室のリアスピーカーに使っているFOSTEX FE126Eの音に通じるものがありますね。高域は10kHz以上がダラ下がりですが、フルレンジにしては質の良い高音のため不足感はなさそうでした。



さて・・・、このユニットのエンクロージャーはどうしましょうか?。小口径シングルペーパーコーンフルレンジは私の好物(笑)ですし、スピーカーユニットは良いエンクロージャーと巡り会って最大限の力を発揮するものなので、何か作ってあげたいところですが・・・。置き場所がないんだよなぁ・・・って、毎回同じことを言っていますね(汗々)。


Stereo
2015年8月号
スピーカー工作の基本&実例集2015年版
(ONTOMO MOOK)
関連記事


にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : オーディオ スピーカー フルレンジ Stereo ステレオ 2015年8月号 FOSTEX フォステクス P1000

コメントの投稿

非公開コメント

広告
Google検索
プロフィール

meridianstar

Author:meridianstar
元システムエンジニアの成れの果ての姿。
詳しいプロフィール:はじめに

contact
※ブログ内容にそぐわない質問の場合、お答えできないことがあります。ご了承ください。

Twitter:meridian15
ニコニコ動画:ヤサコ
pixiv:ヤサコ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事一覧
最新記事
広告
カウンター
注目しているもの
リンク(企業)
リンク(お友達)
  • Bond's Lab
    音楽とオーディオとDIYをこよなく愛する ボンド君 氏 の趣味サイト。

  • 試行錯誤
    試行錯誤 氏 のプログラミングお勉強ブログ。

このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
参考書籍
にほんブログ村
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村