古い機材の今後について考えさせられた出来事

こちらの記事で紹介した、自作オーディオラック修復&拡張での出来事です。

ラックの修復が終わったので、オーディオ機器の設置と配線を行い、配線が完了したので機材の接続確認と動作確認を行っていました。最近はめっきり使用頻度の減ったソニーのレーザーディスクプレーヤーMDP-A10はCDも再生できるので、とりあえず音だけでも出してみようと思ってCDを再生してみました。再生できることが確認できたので、CDをイジェクトしたらトレイにあるはずのCDが載っていません。どうやら飲み込まれてしまったようです。仕方ないので筐体のふたを開けてみました。

私は学生時代の頃から集めていたレーザーディスク(LD)を300枚ほど持っているのですが、現在でもディスクの保管状態が良いので視聴可能です。このプレイヤーも、そのLDを見るために手放さないで持っているのですが、さすがに10年以上前の製品なのでそろそろガタが来たようです。

SONY CD CDV LD PLAYER MDP-A10(正面)
SONY MDP-A10(正面)
当時39,800円位で販売されていたと思います。同時期のLDプレーヤーの中では一番安い機種でした。バックパネルの写真は撮り忘れましたが、Made in Japanと印刷されており、今では考えられないことに、低価格機種ですが日本製です(笑)。

SONY CD CDV LD PLAYER MDP-A10(上面)
SONY MDP-A10(上面)
天板に貼られているシートはアスファルト製の制振シートです。購入当時、トルクの大きいモーターから発せられる起動音にびっくりして制振が必要だと考え貼り付け、上に8kgのつけもの石をウエイトとして載せていました。(今は載せていません。)LDの重量からすれば起動音が大きいのは当然なのですが、直径30cmで厚さ3mmの円盤を毎分1800回転でブン回す仕様は今考えてもちょっとトンデモナイ気がする(笑)。

CDが貼りついている様子(その1)
ネジを外して上蓋を外してたところ。
再生は止めてあり、ディスクが回転していない状態のため、モーターに直結したディスク下部の回転軸は下に降りており、本来ならトレイにディスクが載っているはずなのですが、ディスク上面にある円盤状の回転軸に貼りついたままになっています。

CDが貼りついている様子(その2)
ディスク上部の円盤状回転軸が取り付けられたフレームを外してひっくり返したところ。CDが貼りついたままになっています。

このプレーヤーはモーター直結の下部回転軸と、上部の円盤状回転軸がディスクを挟み込む構造となっており、ディスクを挟み込むときに、上部の円盤に取り付けられた円形のフェライト磁石が下部の回転軸の金属部分に貼りつくようになっています。再生時はディスクをしっかり固定するような仕組みになっており、かなりの力で貼りついていました。

ディスク上面の回転軸
貼りついたCDをはがした、円盤状の回転軸の様子。

中心軸の周りに円形のフェライト磁石があり、さらに外側に同心円状の合成樹脂製の押え板があります。手で触って確認したところ、フェライト磁石に直接ディスクが接触して傷がつかない様にするためだと思いますが、薄い合成樹脂製のシートが貼ってあり、それを貼り付けている接着剤が時間経過による劣化によりシートからはみ出してベトベトになっていました。これがCDが貼りつく原因のようです。

とりあえず、無水アルコールで接着剤をふき取ってみましたが、あまり効果はなさそうです。有機溶剤でふき取ればきれいになりそうですが、合成樹脂のシートが一緒に溶けてしまいそうです。

ディスク下面の回転軸とピックアップ
下段の回転軸とピックアップ部。こちらは特に異常はなさそうでした。

清掃後LD再生しているところ
清掃後LDを再生している様子。正常に再生できました。停止後にディスクが貼りつくこともありません。

清掃後CD再生しているところ
清掃後CDを再生している様子。正常に再生できました。
CDが貼りついている様子(清掃後)
しかし…、やっぱりCDは貼りついたままになってしまいました。LDの場合、重量があるので自重で落ちるみたいです。CDは軽いのでダメですね。またLDは、円盤状回転軸に接触する部分の表面に紙が貼ってあるため接着剤に貼りつきにくいのですが、CDは合成樹脂がむき出しのため貼りつきやすいみたいですね。


今回、このプレーヤーはLD再生用途として使っており、CDを再生することはないので、LDの再生に支障がないうちは良しとすることにしました。しかし、この製品のように生産終了してかなりの年月がたってしまった製品の場合、メーカーのサポートを受けることが難しいため、今後さらに深刻なトラブルが出た場合、使用を断念するか、自分でメンテナンスするか、中古で他の機種を手に入れるか…等、選択を迫られることが想像されます。うーむ…。
関連記事


にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 同機種のユーザーです

しゅぺ様

コメントありがとうございます。返信が遅くなり申し訳ありません。

CDが貼りつく件、解決されたようでなによりです。
あのべとべとする接着剤はガムテープを利用するとうまく取れるんですね。なるほど。

LDがDVD、BDに世代交代して、当然ながらLPプレーヤーも新品で購入することが不可能になってしまっているので、私もMDP-A10は大切に使っていくつもりです。

サンスイのアンプをお持ちなんですね。長らく使わずということなので、サンスイ全盛期のものなのでしょうか?。うらやましい(笑)。

同機種のユーザーです

はじめまして、同機種のユーザーです。

故障していたと思って長らく使わずにいたサンスイのアンプに問題がなかったことが最近になっって分かり、久しぶりにいろいろな機材を繋いで聴き始めました。

現在はCDプレーヤーを所有していないので、放置してあった同機種を引っぱりだしてきました。

使用する前にネットで検索してmeridianstar様のブログを拝見しました。
LD再生の後、CDをかけたら、まったく同様の症状が出て、「おー!本当だ!」と感動しました(笑)

もし貴ブログを読んでいなかったらパニくっていたはずです。
丁寧な記事を書いてくださり、ありがとうございます。m(__)m

私の場合、はみ出た接着剤(粘着材?)を、ガムテープの粘着面を使って取り除きました。
根気よく何度もペタペタしていると一緒にくっついてきて取れます。

接着剤の除去→CDのテスト再生→接着剤がまた少しはみ出る→接着剤の除去→、、、
を何度か繰り返したら、CDはくっつかなくなりました。

コンマ数ミリ程度の接着剤でも残っているとCDがくっついてしまいますね。
粘着力にびっくりです。

ご参考までに。
広告
Google検索
プロフィール

meridianstar

Author:meridianstar
元システムエンジニアの成れの果ての姿。
詳しいプロフィール:はじめに

contact
※ブログ内容にそぐわない質問の場合、お答えできないことがあります。ご了承ください。

Twitter:meridian15
ニコニコ動画:ヤサコ
pixiv:ヤサコ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事一覧
最新記事
広告
カウンター
注目しているもの
リンク(企業)
リンク(お友達)
  • Bond's Lab
    音楽とオーディオとDIYをこよなく愛する ボンド君 氏 の趣味サイト。

  • 試行錯誤
    試行錯誤 氏 のプログラミングお勉強ブログ。

このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
参考書籍
にほんブログ村
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村