オーディオインターフェース behringer(ベリンガー) U-CONTROL UCA202 を買ってみました。 ~その2~ (ドライバインストール編)

オーディオインターフェース behringer(ベリンガー) U-CONTROL UCA202 のデバイスドライバをベリンガー公式サイトよりダウンロードしてインストールします。







U-CONTROL UCA202 製品ページ(behringer公式)U-CONTROL UCA202 製品ページ(behringer公式)


UCA202は、パソコンのUSB端子に接続すれば自動的にUSBオーディオデバイスとして認識されて使用できますが、ベリンガー公式サイトではWindows標準(WDM)ドライバの他に、ASIOドライバも公開されています。

私の場合、DTMでの使用目的でASIOドライバを入手しましたが、対応しているWinAMP等のメディアプレイヤーを利用すれば音楽再生にもつかえるはずです。



関連記事

オーディオインターフェース behringer(ベリンガー) U-CONTROL UCA202 を買ってみました。





インストール手順

(1)あらかじめUCA202をパソコンのUSB端子に接続して、USBオーディオデバイスとして認識させておきます。

インストールを行ったパソコンスペック
CPU:AMD Phenom9600 Quad Core Processor@2.3GHz
MEMORY:8GB
OS:Windows7 Home Premium 64bit SP1

パソコン本体のUSB端子に直接接続した場合は即座に認識しましたが、USBハブ(セルフパワー)経由で接続した場合、パソコンの再起動を行わないとうまく認識しませんでした。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図1)
(2)behringer.com(ベリンガー公式サイト)behringer.com(ベリンガー公式サイト)をブラウザで開き、トップページ上段にあるメニューのSupportをクリックします。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図2)
(3)サポートページのDownloads and Driversをクリックします。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図3)
(4)UCA202はU-CONTROLシリーズの製品なのでXENYX/U-Control Downloadsをクリックします。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図4)
(5)Drivers -> USB Audio Driverの
BEHRINGER_2902_WIN32_2.8.40.zip (Windows XP, Vista, 7(32bit) の場合)
BEHRINGER_2902_X64_2.8.40.zip (Windows Vista, 7(64bit) の場合)


各自パソコン環境にあった方を1つ選択してクリックします。

  • 公式の表記では xx-bit USB ASIO driver: とありますが、実際はWindows標準(WDM)ドライバ、ASIOドライバの両方が含まれています。
  • BEHRINGER_2902_X64_2.8.40.zip はサポートOSに Vista(64bit) の記述がないですが、zipファイルに格納されているReadMeにはサポートがされている旨が記載されています。
  • ブログ記事執筆時点でのドライババージョンは 2.8.40 です。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図5)
(6)ダウンロードしたzip形式の圧縮ファイル(BEHRINGER_2902_X64_2.8.40.zip)をローカルドライブに保存します。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図6)
(7)保存したzipファイル(BEHRINGER_2902_X64_2.8.40.zip)を解凍します。(zipファイルの解凍には Lhaplus というフリーソフトを利用させていただきました。)ファイル解凍時に作成されたフォルダを開きます。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図7)
(8)解凍で作成されたフォルダ内にあるBEHRINGER_2902_X64_2.8.40フォルダ開き、Setupというファイルを探します。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図8)
(9)Setupのアイコン(または、ファイル名)の上にマウスポインターを重ねて右クリック、コンテキストメニューの管理者として実行(A)...を左クリックします。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図9)
(10)ユーザー アカウント制御(UAC)の画面が表示されます。はい(Y)ボタンをクリックします。セットアッププログラムが開始します。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図10)
(11)言語の選択を行います。ドロップダウンリストから日本語(Japanese)を選んで、OKボタンをクリックします。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図11)
(12)USB-AUDIOインストールボタンをクリックします。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図12)
(13)セットアップが開始されます。セットアップが完了するまでしばらく待ちます。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図13)
(14)セットアップ途中で図の画面が表示されますので、インストール(I)ボタンをクリックします。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図14)
(15)同上にインストール(I)ボタンをクリックします。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図15)
(16)セットアップが完了すると図の画面が表示されます。再起動ボタンを押してパソコンを再起動してください。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図16)
(17)パソコン再起動後にWindows既定のサウンドデバイス(通常アプリケーションで使用されるサウンドデバイス)としてUCA202を設定します。

コントロールパネルを開き、ハードウェアとサウンドをクリックします。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図17)
(18)サウンドをクリックします。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図18)
(19)サウンド画面が表示されます。スピーカー 2- BEHRINGER USB WDM AUDIO 2.8.40をクリックして選択状態にします。次に、既定値に設定(S)ボタンを押します。もしボタンの文字が 既定値に設定(S) になっていない場合は▼を押すとリストが表示されますので、リストから選択して、その後ボタンをクリックします。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図19)
(20)既定値として選択されるとチェックマークがつきます。チェックマークがついていることを確認してOKボタンを押します。

以上で設定完了です。メディアプレーヤー等で音楽を再生してUCA202から正しく音が出力されていることを確認してください。
behringer UCA202 ドライバーインストール手順(図20)
(補足)デバイスマネージャーには サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラーとして、BEHRINGER USB WDM AUDIO 2.8.40 として認識されます。




次回は数種類のアプリケーションで、ASIOドライバの設定を行ってみる予定です。
その3(アプリ設定)へつづく・・・


関連記事


にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

tag : オーディオ パソコン DTM behringer ベリンガー U-CONTROL UCA202 USB オーディオインターフェース

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お教えください

上田様

コメントありがとうございます。

ご質問の件、回答します。
>デバイスマネジャーのドライバーまで、確認できたのですが、起動画面が出ません。
とのことなので、UCA202ドライバーインストールは正常に完了していて、使える状態になっている思います。

しかし、UCA202という製品はオーディオインターフェースなので音楽を再生、または録音を行いたい場合、それらに対応したアプリケーションソフトを別途用意してあげる必要があります。以下に例を挙げます。

再生ソフト:Windows Media Player、iTunes、WINAMPなどが使えます。
録音ソフト:Windows標準ならばサウンドレコーダーが使えます。フリーソフトならばSoundEngine Free、Audacityなどがつかえます。


最終的な目的として「古いカセットテープを、CDにしたい」ということなので、手順としては・・・、
(工程1)カセットテープの再生音をUCA202のライン入力より取り込み、パソコンで録音してwavファイルとして保存する。
(工程2)wavファイルをCDDA形式でCD-Rに書き込む。

という感じになると思います。
(工程1)では録音ソフト、(工程2)ではCDライティングソフトが必要となります。

私の方で調べてみたところ、以下のcamomile_ss様ブログが参考になりそうでした。
PC設定のおぼえがき。「カセットテープのデジタル化」http://camomile-pc.blog.so-net.ne.jp/2011-04-17

(補足)
この記事では、録音ソフトは「SoundEngine Free」を、CDライティングソフトは「Windows Media PlayerのCDライティング機能」を使っています。
注意点としては、ライン入力をパソコン標準サウンド機能を使って説明しているので、その部分をUCA202のライン入力に置き換えてください。
(サウンド -> 録音 -> ライン入力を「BEHRINGER USB WDM AUDIO 2.8.40」を既定のデバイスに設定する。)

回答が遅くなってしまい申し訳ありません。

お教えください

 お忙しいところ申し訳ありません。
64歳の初心者ジジイです。この記事を参考にドライバーをインストールさせていただきました。
有難うございます。

デバイスマネジャーのドライバーまで、確認できたのですが、起動画面が出ません。
どこかにないかと探したのですが、まったく見つけることが出来ません。
古いカセットテープを、CDにしたいのですが、困っております。

時間にゆとりのあるときで結構です。お教えいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
広告
Google検索
プロフィール

meridianstar

Author:meridianstar
元システムエンジニアの成れの果ての姿。
詳しいプロフィール:はじめに

contact
※ブログ内容にそぐわない質問の場合、お答えできないことがあります。ご了承ください。

Twitter:meridian15
ニコニコ動画:ヤサコ
pixiv:ヤサコ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

記事一覧
最新記事
広告
カウンター
注目しているもの
リンク(企業)
リンク(お友達)
  • Bond's Lab
    音楽とオーディオとDIYをこよなく愛する ボンド君 氏 の趣味サイト。

  • 試行錯誤
    試行錯誤 氏 のプログラミングお勉強ブログ。

このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
参考書籍
にほんブログ村
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

にほんブログ村